FC2ブログ
オーストリアは西に位置するチロル地方最大の都市インスブルックへ行った。
ウインタースポーツが盛んで これまで冬季オリンピックが2度開催されている。

14世紀のハプスブルグの支配下神聖ローマ皇帝マキシミリアン1世と
マリア テレジアに愛された街、そんな名残りがある、
アルプスが見え 中世の面影も残り イタリアの影響を受けたルネッサンス様式や
ゴシック様式の名所もあり ロマンチックな所だった。

  インスブルックの名に由来するイン川 (イン川に架かる橋 ブルック)
  オーストリア、スイス ドイツを流れ国際貿易の航路になってここから栄えた。

    イン川

   王宮は外見だけを見ただけに終わったが 当時のマリアテレジアによって華やかに改装、
   チロル最大の天井画がある大広間、テレジアやエリザベートの肖像画もある。
   そう言えば どことなく規模は小さいがウィーンのシェーンブルグと似ていた。

    インスブルック王宮

   こちらインスブルックのメインストリート、 マリア・テレジア通りで広~い。

   道路の中央から アルプス(ノルトケット連峰)が見え チロル観光スポット!
    インスブルックメイン通り1

   凱旋門はテレジアの息子レオポルト2世と スペインの王女ルドヴィカの結婚を記念して
   1765年に建築された。
   建設中にテレジアの夫が 王宮で急逝したため上には南側に「生と幸福」
   北側には「死と悲しみ」をそれぞれ表現したレリーフ、門柱にはテレジアのレリーフが
   飾られている。 
  
    インスブルック凱旋門

   この聖アンナの記念碑も テレジア通りの中央にありよく目立つ。

   近くに行くと白い大理石が美しく 上には聖女マリア 中段に天使 下に聖人が
   飾られている。
   聖アリナはマリア様のお母様、 スペイン戦争の時バイエルン軍を 撃退した日が
   丁度聖アンナの日だったことで記念にしたモニュメント。

    インスブルックメイン通り

         聖アンナの記念柱1



  こちらも観光スポットの一つで 旧市街にある「黄金の小部屋」
  チロル公国を継承したマクシミリアン1世が 中央広場で行われる祭や
  何かのトーナメントを観戦するために5階建ての建物を改装、
  バルコニーの屋根は 2657枚の金箔で貼りつめてある。
  要するに特別仕様の 「ロイヤルボックス」と言ったところ。 
  当時 どんな催しがあったのか まだ調べていないけど興味深い。
  確か ワルツの発祥はこの辺りのチロルの農民の踊りから始まったと
  聞いたことがあった。

    インスブルック黄金の小屋根

  ランチは  テレジア通りにある カフェとビアホールが一緒になった様なレストラン、
  「TheresienBraseu」 (全然  読めない) テレージエン・ブロイ
     スープ  パンケーキ入り  
     パンケーキと言うより 薄い卵焼きみたいなものが 入っていた。
     メインはチロル名物のジャガイモ料理でグロエステルと言う。
     上に目玉焼きが乗っていてジャガイモとお肉が ゴロゴロと、
     味は濃くなくいいけど お肉がちょっと硬め、
     デザートのチョコレートムース チョコレートはホントに美味しい。
  
        インスブルック ランチ
  

       

08/16|外出・旅コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yokko

Author:yokko
季節を巡る日々の出来事を
「覚え書き風」に 気ままに更新しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク