FC2ブログ
 「長~い!」と感じていた一月でしたが 今日は2月も 3日になりました。

脅威のインフルエンザ流行なのに 私は予防接種を逃してしまったので出かける度に
マスクも使用、ウイルス寄せ付けない様、気持ちはワクチンのつもりの完全防御!笑 
何とか今の所元気に過ごしています。
この冬を 早く無事、乗り切りたいものです。

       29_20190203101120894.gif

さて 今年になってすでに何回か 宝塚の観劇がありその記録もUPしたいと
思いながら時間ばかりが過ぎてしまいました。
と言うのも、・・・・・近頃、
ヅカオタのあちこちさまよい人、インターネットに はまってしまいました。
そばにコーヒーとお菓子なんか用意して、笑

先月の宝塚の公演の演目なんですが ずぅ~と昔の作品です。
     「霧深きエルベのほとり」  (1963年が初演)

私は その初演を東京(1965年)で観ていて遠い記憶を思い出したくてググってみたんです。
ありました・・・・題名、主演スター、色んなワードで検索、
そのワードから また興味をそそられ違う方向に発展、収拾がつかなく
あれこれ止まらなくなってこれがまた面白くて数日間夢中になりました。

居ながらにして時代を遡り、、、、、ウエブの持つ凄さに感心しています、
インターネットってこんなに便利なので 反対にある意味で怖い事も確かにありそうねぇ~
とか改めて冷静にもなりました。

    line_chain04_201902031412075f8.gif


まずは元旦初日の幕が上がってほどなくの7日に 行きました。
もう 一か月ほども前の事になってしまってますが

今回の星組は其の7日は 友人と入力したチケットがダブってしまって
4枚は定価にてお譲り(ダフ屋行為はしていませんよ~笑)して巡り巡って
私たちは友人の友人のご都合で、最前列センターブロックのチケットを
幸運にもお譲りいただいてのスペシャルシートでの観劇になりました。
  
何といっても最前列、これは半端ないキラキラと圧巻の醍醐味です。
オーケストラが 「カモメよ~翼に乗せていけ~」って主題歌の前奏を始めると
同時に夢か現実か幼い少女の頃の私が居るみたいな一瞬不思議な高揚感に
包まれました。
マドロス姿で登場するのは さっちゃんこと内重のぼるさんではないのですが~。

この公演題名前に「Once opon a time ・・・・」と あるんですよね。
昔々ある所に・・ で始まる日本の昔話の英語文とでも言うのかしら・・・・、
わざとこの様なセンテンスも含めたのかも。

東宝の劇作家であった菊田一夫の作品、
ハンブルグの港町が舞台の ちょっと荒くれだけど心は優しい船乗りと
家出した良家の令嬢がビール祭で知り合い、結婚までしようとするけれど
色んな相違で結局は船乗りが 気持ちとは裏腹に自らが身を引いて
再び出航して去って行く と言う 結ばれない切ない一時の恋物語が
描かれた舞台です。

カール役の星トップ 紅ゆずる、荒くれ船乗り?の 感じではないようだけど
なよっとしたちょっと軽い感じでやんちゃな言い回しなどの芝居で好演でした。
お嬢ちゃん役の綺咲愛里は 可憐な舞台姿で役柄に合ってはいたけれど
上ずっている様な声が イマイチ・・・・、革命のエチュードは 自演だったかも、
ピアノが 得意なのね。

二人がビール祭の丘の上で頬杖をついているシーンは
昔 観劇した遠い記憶が甦ってきました・・・同じシチュエーション!

二番手の礼真琴の令嬢のフィアンセ役は 完璧に出来たいい人、こんな思いやりのある
人物、中々いないよ、笑  
歌は抜群、まっすぐに客席に伝わって来るってすごいと思います。


この公演 私はラッキーにも極美 慎君主演の新人公演も観劇することが出来ました。
貴重なチケットをお取りいただいたM様 本当にありがとうございました。
主演の極美慎 2度目の新公主役 有望、すらりと伸びた長身の綺麗なジェンヌさんです。
新人公演って 本公演にはない良さ、これからの活躍が望まれる生徒さん達の
一生懸命な頑張りが 本当に新鮮でした。
天華えまちゃんも とてもよかった。
好みのタイプでこれからも楽しみです。

  星組観劇
  写真はネットからも拝借しています。

お芝居の事ばかり書いてしまいましたが 勿論ショーもありました。
華やかでお席が良い分何だかたくさん目線もいただけた様で(思い込み!錯覚!
あげく希望!)、お友達と何だか緊張、ノックアウト、「疲れた~」と
帰りは宝塚の駅そばで一杯 乾杯してしてきたほど。笑

金曜日にも(2月1日) チケットが取れていたので 友人と行って来ました。
退団する3番手の七海ひろきさん 見納めて来ました。
明日2月4日が この公演の千秋楽です。
宝塚ってやはりリピートすればするほど面白い。
もう、のめり込む歳ではないのですが 止められそうにもありません。

一生続けて行きたいことが多い欲張りな私、今日の節分
思い切って「福は内」の 心境です。

これから夕食に「かぶら蒸し」に 今日は挑戦です!





02/03|音楽・観劇コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yokko

Author:yokko
季節を巡る日々の出来事を
「覚え書き風」に 
気ままに更新しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク