FC2ブログ
雪でもちらつきそな空模様、こんな日は暖かくしてこもっています。

今年来た年賀状に 「終活」とか書いてきた友人がいて「まだ 早いでしょう~」って
驚いていたのですが 親世代を見送ったりお孫ちゃん用事がだんだん無くなったりして
きたら この早く過ぎていく年月、いよいよ次は真剣に自分の事になるのかも~って
年賀状を整理しながらまだ介護の続く比較的のんきな私でもちょっと考えちゃいました!

        去年の事 今頃なんですが・・・・・(備忘録^^;)
ワンコインの映画に誘われて見て来ました。
ロマン派の音楽家ロベルト・シューマンとその奥さんでピアニストのクララの夫婦愛を
描いた1947年制作の映画「愛の調べ」です。

私 かな~り前に見ていたのですが好きなのでまた見ました。
すごい古い映画ですが ロマン派の音楽もたくさん聞けてとてもよかったです。
何といってもクララを演じるキャサリン・ペップバーン、美しくて名優。

ピアノを弾く場面がたくさんあってどれも本当に弾いているかと思う程!
実際の音はかの有名なアルツール・ルビンシュタインが弾いている録音を
使っているがまたすごくいい。
後でググってみたら 少しは弾いているとありました~成程、確かにあのタッチ。
クララは夫R・シューマンの音楽を コンサートピアニストとして世に送り、7人(8人だったかも)
の子供を育てたひたむきな愛に溢れたすごい女性で、
クララ自身もやはり音楽家でとても優れたピアニストでした。

シューマン夫妻のところに若い音楽家ブラームスが登場、
シューマンの弟子になって下宿しますが病弱で精神も侵されていくロベルトに代わり、
たくさんの子供たちの相手をしたり、家事をする超忙しいお手伝いさんの
手助けまでして生活費を得る為演奏活動に忙しいクララの協力者に
なります。
その過程でブラームスはもちろんクララを好きになっていくんです、当然のようにね。
ロベルトの死後ブラームスはクララに愛を告白、でもクララは結果的には
ブラームスを音楽家として背中を押すことにして結ばれません。

ブラームスは死ぬまでクララを思い続けたようです。
ブラームスとの本当の関係はどうだったか ちょっと事実が気になる所です。

この映画の他にも「哀愁のトロイメライ」2009年 「愛の協奏曲」1981年、と
クララシューマンの映画があります。
宝塚でも上田久美子先生演出でバウホールで演っていて
録画でしか見れなかったのですがとても良かったです。

劇中の中の有名な「トロイメライ」の旋律、やさしくて、静かで心に残ります。
トロイメライは「こどもの情景」と言うシューマンのピアノ曲集の中の一曲です。
子供のためにかかれたのではなく大人からみた子供心です。

映画の後は誘って下さった友人宅でランチのおもてなしも受けました。
T様 ありがとうございました

       おもてなし

教えていただいたバナナケーキ つい先日 作ってみました。

        バナナケーキ




01/08|音楽・観劇コメント(10)TOP↑
この記事にコメント
クララ・シューマン
yokko様

ブラームスとクララ・シューマンを題材にした映画って いろいろあるのですね~^^
宝塚でも「翼ある人びと」として舞台化されましたね~ 心にしみる作品でした。

作曲家が題材の作品は 全編にクラシックが流れて気持ちいいですね。

サリエリ視点からモーツァルトを描いた「アマデウス」も大好きです!
舞台化されたものは 昨年松本幸四郎さんが芸術祭賞で大賞を受賞されました、見逃したのを後悔しています。
From: happy * 2018/01/09 10:36 * URL * [Edit] *  top↑
こんばんは
happyさま

 コメント ありがとうございます。

 そうなんです、クララ・シューマンの物語
 色々ありますね。
 「翼ある人びと」よく出来た作品でした。

 機会があるとすごく古くても映画って
 たまにいいものだなぁって思いました。
 元々 映画も大好きです!

 モーツアルトの題材も多いですね、
 私は最近では 「プラハのモーツアルト」を
 見逃してしまいました。i-202

 
From: yokko * 2018/01/09 20:50 * URL * [Edit] *  top↑
こんばんは
ピアノのことに関して造詣が深いyokkoさんなのでシューマン・その妻クララ・ブラームスと音楽家に関する映画、楽しまれましたね。

宝塚版の「翼あるひとびと」も見応えがあってヨカッタですね。
緒月くんのシューマン、その妻のクララに伶美うらら、ブラームス役は朝夏まなとでしたねたしか。伶美は美しく品があって、・・・映像で見ただけですが三人とも印象に残っています。
宝塚もバウホールの作品がいいような気がするのですが・・・ここからは遠い。
伶美が宙組トップにならず退団するとは残念ですヮ。
と新年早々ヅカ話でスミマセン。 ブログは快調ですね
From: やぎ座 * 2018/01/09 23:13 * URL * [Edit] *  top↑
こんばんは
やぎ座さま

 コメント ありがとうございました。

 古い映画でしたが楽しみました。

 そうそう、宙の「翼あるひとびと」 やぎ座さんも以前 
 よかったよ~って言っていらしたですね!
 バウの演目ってそれなりに中味が濃くって
 面白いですよね~
 公演期間が短く席数が少ないのでチケットが
 取れないのでめったに見れませんが。

 いえいえ、ヅカ話大歓迎ですi-189
 今年もきれいなものには感動しましょうね
 i-179
 
From: yokko * 2018/01/10 22:16 * URL * [Edit] *  top↑
寒い冬には 趣味の合う友人と好きな映画いいですね 音楽の素敵な映画なんですね
ピアノのことは詳しくわからないですが ツタヤで 借りて見て見たいですわ 
From: ハワイアイランド * 2018/01/13 01:01 * URL * [Edit] *  top↑
こんにちは
ハワイアイランドさま

 コメント ありがとうござます。
 
 しかしこの所寒いですね!
 ハワイアイランドさんの所では雪が 
 積もったのではないでしょうか?
 お庭が真っ白~かも・・・後でお伺いします。

 この「愛の調べ」のDVD、ツタヤには なさそうですよ、以前も古い映画(ヴィスコンティ)を
 借りたくて行ってみましたら古すぎてi-201
 なかったです。

 BSなどでも昔の名作洋画 時々やっています よ。i-179
 
From: yokko * 2018/01/13 14:34 * URL * [Edit] *  top↑
最近はピアノ曲を家で聴く事がなくなり
ましたが、「子どもの情景」の楽譜は
今でも持っています。
「トロイメライ」とか、何だか懐かしい。
ステキな映画だったのでしょうね。

御友人宅でのランチ・・綺麗でお店かと
思いました!
From: apricot・a * 2018/01/13 15:30 * URL * [Edit] *  top↑
こんにちは
apricot・aさま

 コメント ありがとうございます。
 
 あら、apricotさんもシューマン「子供の情景」
 お持ちでしたか・・、弾かれました?
 小曲集なのでどの曲も馴染みやすく好きでした。

 お料理好きな友人がいてたくさん美味しいものを作ってくれて幸せデシタ。
 
From: yokko * 2018/01/14 14:59 * URL * [Edit] *  top↑
こんばんは!
yokkoさま

映画「愛の調べ」も「翼ある人びと」も
ご縁が無くて・・残念です。
シューマンの映画といえば、以前Bunkamuraでやっていた「クララ・シューマン愛の協奏曲」を見逃して、こちらも残念でした。
名曲あふれる映画は素敵ですね。
観てみたいです。

私も「子供の情景」の楽譜持っていました・・。が、とても弾けないだろうなぁe-351
From: コスモス * 2018/01/15 00:22 * URL * [Edit] *  top↑
こんばんは
コスモス様

 お忙しいのにコメント ありがとうございました。
 私は去年暮れの「プラハのモーツアルト」の
 映画を見逃しました!
 たまには クラシック聞くのも映画で見るのも
 いいですよね~♪

 コスモスさんも「子供の情景」の楽譜お持ちなんですね~
 トロイメライは有名ですがこの曲集の中の「鬼ごっこ」とか
 他にもシューマンらしくていいですよ。
 
From: yokko * 2018/01/15 19:50 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yokko

Author:yokko
季節を巡る日々の出来事を
「覚え書き風」に 
気ままに更新しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク