FC2ブログ
  イトカ・スヴォボドヴァー   ・・・・・・・・ アイーダ
  ジャンルカ・ザンピエーリ  ・・・・・・・・ ラダメス
  ガリア・イブラギモヴァ    ・・・・・・・ アムネリス

   このカタカナ、すぐ読めないです、読んだら舌 噛みそう~

   昨日見に行ったオペラの歌手の方の名前です

CIMG0882.jpgCIMG0884.jpg

  茅ケ崎からはちょっと不便な「よこすか芸術劇場」に行ってきました。
  やはり東京で夜のコンサートは 時間的に主婦ではどうしても
  無理があり可能な時間帯の出し物や距離に限られます。

  クラシックな良さが感じられるような劇場でした。
  本当はいけないのかも知れませんが開演前に撮りました。

  指揮者西本智実さん以外は 外人さんのプラハ国立劇場のオペラでした。

  「アイーダ」は ヴェルディ作曲で エジプトの王ファラオの娘と
  エチオピアの奴隷アイーダが 将軍ラダメスを取り合う?、
  「愛」があり、「祈り」があり、戦いもある物語が楽曲になっています。
  
  久しぶりの本格的なオペラ鑑賞だったのですが 壮絶な三角関係の
  アイーダと アムネリスの女性の闘いに「すご~い」と
  いつのまにか引き込まれました。

  真ん中に大きな白いピラミッドがあり 宮殿の柱が 何本かあるとてもシンプル
  な 舞台装置、
  白、黒、金 の三色位だけの衣装でオペラの持つ華やかさは余り
  なかったのですがそれだけで充分に楽しめました。
  かえって歌い手の心情に集中出来た効果もありました・・・・。

  2幕の凱旋行進曲は あの有名なサッカーの応援歌になっています。
  
  他を知らないので比べようがないのですが 最後にラダメスがアイーダと
  共に死なないのが 何だか???不思議でしたが これも演出なのか と。
  事前勉強範囲では 二人で死ぬことになっていました・・・・。

  主役級の聞かせどころのアリアやデュエット、トリオは勿論ですが
  合唱団、バレエ団とのアンサンブルも凄くて見応え、
  聞き応えあり、智さんの若い頃 オペラの棒振り助手で鍛えていらした指揮が
  今をもって個性的な演出にひときわ冴えていたように感じました。
  
 
  男性は女性ほど一度に色んな事柄が同時に
  入り込まない と聞いたことがあります。
  オペラを 指揮することは オーケストラにプラス歌手、合唱団、バレエ団まで
  含まれるので もちろん全ての把握に凄いエネルギーや集中が必要だけれど
  もしかしたら微妙なあらゆる面で流れを掴みリード出来る点は
  女性指揮者の方が余裕があるのでは と今回
  男性から顰蹙をかうような感想を持ちました(^^)~。
  また いつかこの方のオペラ 聴きたいと思います!
  
   
    


  
10/25|音楽・観劇コメント(2)TOP↑
この記事にコメント
No title
オペラ、バレエ鑑賞を智実さんの指揮で~何と贅沢な構成でしょうか!
智実さん、大活躍ですね!(^^)!
5階席まであるの~オペラ持参でも見えるのかしら?
まさに毎日が芸術の秋、満喫されていますね!(*^_^*)
From: mary * 2009/10/27 21:30 * URL * [Edit] *  top↑
No title
私は 4階のセンターでしたが オペラグラス
無くてもサイドの字幕ライトも見え それなりi-206でしたが 使い慣れたオペラグラスは やはりしっかり使い 楽しみましたi-278
一度観たらオペラは とりつかれそうな魅力が
ありますが チケットが高いのでなかなか行けませんi-216





From: Dream Peach * 2009/10/29 10:48 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yokko

Author:yokko
季節を巡る日々の出来事を
「覚え書き風」に 
気ままに更新しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク