FC2ブログ
  10月13日(火)
 
 今年はさわやかな秋の季節が長いような気がします。
 夏が 短かったせいでしょうか~

  芸術の秋と 銘うって?昨日は有楽町の国際フォーラムへ
 オペラガラコンサートに行ってきました。

       CIMG0826.jpg


この女性指揮者さんは 去年 茅ケ崎にモンテカルロフィルと来日、 
たまたま合唱をやっている同級生と ドボルザークの「新世界」を
聞いたのが きっかけでした。

指揮者って 男性が振るとすごい暑苦しい場合があり、 そりゃあリーダーシップは
男性のほうが・・・とも、思いますが たまには優雅に でも力強さも持ち合わせた
女性も なかなかいいものです・・・・。(スズキのSX4のCMで有名?)

昨日は良く知られたオペラのいいとこ取りみたいなプログラムでした。


正直なところ アリアにしても 声楽は ソプラノは悲鳴に聞こえ、
知らないオペラだと原語で歌われても 殆どの曲は 意味が分からない、、、、って
私にはいまいちの世界なんですが  今 劇場ではなんと歌詞の字幕が 出るのですね~
意味も分かりこれなら面白いと 思いました。

アリアが11曲、オペラの間奏曲や序曲など3曲と 抜粋でしたが3階まで満員。
今 日本ではここ何年か この方の指揮と、ピアノのフジコ・ヘミング、バイオリンの五島龍の
コンサートは 必ず完売になるそうです。

「マノン・レスコー」の間奏曲が 映画音楽みたいにきれいでした・・・・。

また、り・アギョンさんという中国のメゾ・ソプラノの方が 素晴らしかったです
演歌の天道よしみさんみたいなお顔?で体格はややビヤ樽風?でしたが 
カルメンの「ハバネラ」は 圧巻で 
またお辞儀を両膝折ってされるので 可笑しい可愛さのある方でした

「バッカナール」も アイススケートの安藤美姫さんが 使っていた曲でしたし
アンコールは 予定外「オーソレミオ」で 場内が沸きました。


人間の持ち合わせている「声」と言う楽器を 新たに楽しめたコンサートでした。













10/13|音楽・観劇コメント(2)TOP↑
この記事にコメント
No title
観劇にオペラにご趣味が多くて、楽しい日常が続きますね!
西本さんの指揮、生で観たいと思いながら中々叶いませんが、容姿に見とれて音楽が二の次になりそう~。
いつも完売されて凄い事です。


From: mary * 2009/10/14 23:42 * URL * [Edit] *  top↑
Mary様
 決してあせってはいないのですが、「今の内i-199
 と、行動しています・・・・。
 
 西本さん美形、黒燕尾 お似合いですよ!
 クラッシク界の オスカル??とか、
 いつか 「題名のない音楽会」で オスカル扮装
 されたそうですが ご本人は ものすごく抵抗があったそうで 
 当時の羽田健太郎氏に 励まされ
 やっとの思いi-197で出演されたそうです。
 (見たかった^^)
 チャイコフスキーは悲愴も 白鳥の湖も 
 ロシアが・・、情景が・・、 浮かんで来ます♪
 機会あれば お勧めです~。
 
 
 

 
 
From: Dream Peach * 2009/10/15 18:10 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yokko

Author:yokko
季節を巡る日々の出来事を
「覚え書き風」に 
気ままに更新しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク