奈良県立美術館の「藤城清治」展へ行って来ました。

 藤城清冶の影絵は その昔 新婚時代に結婚のお祝いで「暮らしの手帖」の本を
 贈って下さった方がいて 毎号掲載されていたのを 覚えていて懐かしく鑑賞してきました。

 この日ご一緒した友人は ご自分のお子さんに
 この方の物語を読んだりアニメーションで見たりされたそうです。
 
 モノクロの初期から 最新作、油彩画、水彩画等 たくさんの作品がありました。
 92歳の今も創作活動をされているようです。

 動物や風景、物語もメルヘンだったり聖書に結び付いていたり、こどもから大人まで
 その幻想的な世界に魅せられます。

       藤城清治
 
       キャプチャ 

                             傘

 近鉄に乗ってやって来た奈良、今どきの梅雨空でしたが 殆ど降られず ランチは少し歩いて
 友人ご推薦の古民家風の「杉幸園」(サンコウエン)へ1時半の予約で行きました。

    杉幸園

 ベジタブルばかり!!のお料理を時間をかけてたっぷりいただきました。
 デザートは 通りを隔て 場所をかえてのところ、寛げる日本風カフェでした。


   A07-e006_201606191720061cd.gif  

  おなかも満たされそろそろ時間も3時を過ぎて・・・になりましたが
  せっかく来た奈良、世界遺産を見て来ました。
  たぶん修学旅行で見に来ているはずですが・・・・・
  かねてより来てみたかった「興福寺」です。


  平成22年にリニューアルされた国宝館へ、   

  有名な阿修羅象、見入ってきました、阿修羅と言うとどちらかと言うと「怒り」など
  怖いイメージですが この天平彫刻の傑作は 3つの顔を持ち 6本の腕があり
  美少年の様に美しく 肢体も8等身級 、美術や歴史の本でしか見たことがなかったので
  感銘しました。

  正面の顔は「喜び」 左面が「後悔」 右面が「懺悔」の表情です。
  写真はもちろん ×なので よれっとなってますが 拝館券の画像です。
   

  阿修羅
  
  
     奈良古都の象徴 興福寺五重塔です、 貫禄があります。
     人に慣れた鹿もいて  帰り道は猿沢の池のところへ出て帰路につきました。

     8枚ほどのフラッシュ画像です。

 

      
大きなどら焼きです!

   近鉄奈良駅から 商店街を興福寺方面に入ったすぐのお店の
   大きなどら焼きが美味しいと 友人からのプレゼントでした。

   どらやきでなく三笠焼き・・・・あんこもたっぷり 四分の一に切って
   おいしくいただきました。   T様 この日は ありがとうございました~。
   
    三笠山
06/19|外出・旅コメント(6)TOP↑
この記事にコメント
ご覧になったのは
yokkoさま

藤城清治さんでしたか~~♪
92歳を迎えられた現在も
創作活動を続けていらっしゃるのですね。
すごい!
以前、山梨の昇仙峡に行ったときに
藤城清治美術館に立ち寄りました。
それまで、カレンダーや絵本などで見ていても
ちゃんと光に照らされた影絵を初めて見て
独特の世界に驚いたこと
yokkoさんの記事で思い出しました♪

ご友人の素敵な結婚のお祝いでしたね。

『阿修羅像』
尊いお姿だったのですね。
私も、心を落ち着けて
ゆっくり訪れたいです。
From: コスモス * 2016/06/20 17:27 * URL * [Edit] *  top↑
今晩は
コスモスさま

コメント ありがとうございます。

藤城さんの影絵は私も久しぶりのメルヘンの世界でした。
影絵とか切り絵って独特ですね!
 
 私の「書き方」が おかしいです~i-229 言葉 足らずで、結婚のお祝いとして
いただいたのは友人からでなく家庭教師先の
ご父兄からでした・・・・、青字で訂正しますネ!
^^; 
阿修羅像は ほんによかったです、拝館券の後ろに 名宝の仏教文化の真善美に静かに心を
お寄せくださいと書かれてありました。
機会がありましたらお勧めです~。
From: yokko * 2016/06/20 21:41 * URL * [Edit] *  top↑
藤城清治さんの作品って独特の雰囲気があって、絶対に見間違えようがないくらいですよね。
私も一度は実際に見てみたいものです。

京都も奈良も何だか別世界のよう・・・。
お写真を見ていると、落ち着いた気持ちになれるのが不思議です。

あら、どら焼きではないんですね~。


From: apricot・a * 2016/06/21 08:26 * URL * [Edit] *  top↑
こんにちは
apricot・aさま
 
 コメント ありがとうございます。

 影絵に登場する生き物は みんな一様の目です、「影」なので白黒でくっきり、はっきり、よく考えられた切り絵?でした。

 私もこの年代になってやっと神社、仏閣、等
ちょっと興味が湧いて来ました。
京都、奈良が近い環境に来た事をこれからも楽しみたいです。

普通は「どら焼き」ですよね~笑
こんど呼び方の違い ググってみますネ!^^)
From: yokko * 2016/06/21 14:53 * URL * [Edit] *  top↑
こんにちは
藤城清治さん、私も母が毎号とっていた「暮らしの手帖」で見てました!
何とも不思議な絵、子供心に印象に残ってました。
そんな思い出をお持ちの方が多いかもしれませんね。

奈良は、京都よりのんびりした雰囲気が好きです。
興福寺といえば、学生時代”薪能”に興味があって、ここが元祖という「薪御能」を観に行ったことがあります。
一人旅だったので、猿沢の池のほとりでパンか何かかじったのを思い出しました♪
きっと今も変わらない風情なんでしょうね〜。
今度行ったら、私もどら焼き、買ってみたいです(笑)。
From: 里花 * 2016/06/22 18:58 * URL * [Edit] *  top↑
今晩は
里花さま

 コメント ありがとうございました。
 リコメントが 大変遅くなりごめんなさいね!

 里花さんも暮らしの手帖の影絵物語のシリーズご覧になった事があるのですね~、
バリの影絵のような作品もありましたよ!

 奈良、変わらないところです、明日香とか もっともっと訪ねたい所なんです。
そういえば「薪能」ありますね、興福寺。
私も機会があったら見てみたいたいと思います。

 どら焼き 時々食べたい和菓子です。
 たまに美味しいですよ~
From: yokko * 2016/06/24 20:35 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yokko

Author:yokko
季節を巡る日々の出来事を
週一程のペースで綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク