FC2ブログ
     宝塚月組東京特別公演を観劇してきました
  三島由紀夫の4巻からなる「豊饒の海」の1作「春の雪」の舞台化でした。

  今年の三月に山中湖の三島由紀夫文学館に行っていますが この小説は
  三島由紀夫の右翼的政治活動をして割腹自殺した(すごかった!!)最後の小説です。
        
        春の雪

  お誘いにありがたくホイホイ東京神宮外苑前(銀座線)まで出かけました。
  文化の日で人出も多く電車も道路も混雑 東京は人が多いですっ!  

  月組さんは「ロミオとジュリエット」以来で 主演の明日海りおちゃんは小柄ながら
  すっかり「男役」さんが出来上がり ティボルトを観た時にも感じたけれど
  著しい成長でした・・・・イメージがフェアリー系で後は観る側のお好みです。

  詰襟の学生服がよく似合い 端正な顔立ちが悲劇の恋愛劇にぴったりでした。

  ストーリーが小説から外れることなく和洋折衷のような大正時代も宝塚の舞台に
  合っていて演出の装置には 百人一首の雰囲気の扉が幾度となく生かされ
  日記の小道具もただの書物でなく内側がライト?で光って凝っている物
  (こんなところが宝塚っぽい・・) 若手演出家生田大和が耽美な世界を
  あちこちにうまく演出していると思いました。
  
  深窓の令嬢役は咲妃みゆちゃん 役柄みりおちゃん演じる清顕より
  2歳年上の役 結構しっかり として研3とは思えない~、
  澄んだ歌声が印象的でした。 

  個人的意見だけれど男役より相手役の娘役の歌はよりレベルが
  高い事が必須条件かと・・・
  その方が何を演じても男役を引き立てると思いますが。
  ビジュアルも大事なことだけど そこはお化粧 髪型 所作の工夫かしら。


  今回 周りも主演を盛り立て 歌は少なめだけれど専科のベテラン美穂さんが聡子付きの
  女中役(すごくいい!)、珠城りょうは弁護士志望の親友役、土佐弁訛りの書生役に宇月、
  と皆芝居も歌も上手で実力者揃い プラス原作の良さに舞台にぐんぐん引き込まれた観劇、
  お決まりの「フィナーレ」は ないけれどすごくいい余韻が残りました。
  「こんな文学作品みたかった」 と大満足

  主人公は自己中 屈折していて? 本当は好きなのに環境のせいなのか
  なんなのか素直になれなくて
  それでいて幻覚の様な「夢」に支配されたり。。。。

  無理な密会逢瀬を重ねより燃え上がるのだけど でも結局は時すでに遅く
  聡子(令嬢)は 両親にも関係がばれ お付女中は自殺、 宿した子供は堕胎させられ
  皇室との婚姻勅許も精神疾患を理由に取り下げ 自ら出家してしまう、
  ひと目でもそんな聡子に会いたい清顕(主人公)は 寺を訪ねるが門前払いされ雪の中で
  ひいた風をこじらせ肺炎で死んで行く・・・ と、 そんなストーリー、
  とてもとても今じゃない考えられないロマンスが展開されていました。
   
   久々の観劇に日常を遠ざけいい気分転換が出来ました。(感謝)

    春の雪_img

    line05_heart1.gif
   行き詰ったElements ゆっくり取り組んでいたら 絡んだ糸がすぅ~っと解けるように
   わかるようになって信じられないくらい・・・・??

   これで自立!? 全て取り入れたものが出来ましたすっきり!

        coffeetime 1_edited-1    
      
   11月6日(火)本日のおやつ
  
  昨日 スーパーで「安穏芋」を見つけ買ってみました。
  レンジでチンして オレンジ色に近く甘くてクリーミーなアツアツの
  お芋 おやつにいただきました。
  雨が降って寒いので 美味しかった! 
      安穏芋
11/06|音楽・観劇コメント(2)TOP↑
この記事にコメント
明日海りお
月組東京特別公演「春の雪」の観劇記楽しんで
読ませていただきました。三島由紀夫の「豊饒の
海」は何年も前に1巻だけすなわち「春の雪」だけ
読みました。いまではほとんど忘れているのですが・・・貴族の華やで優雅、華麗な世界が描かれ
ていたと思います。死後40年以上たった今も
三島作品は読まれ続け人気があるようですね。

宝塚の若手演出家の生田大和先生もずーっと
作品をあたため、いつか上演されるのを待たれて
居たのかも知れませんね、そこに現代的でありながらノーブルな美貌の明日海りおが成長してきて
ぴったりということで、いろいろ条件が揃い、
見応えある舞台が出来上がったのでしょうか
ヒロインの咲妃みうは研3ということですが抜擢
されるにはそれだけの力があるからでしょう
ただ覚えにくい芸名は損ですね。

Elementsすばらしいです。私はまだまだだめ
です。がんばります。
From: やぎ座 * 2012/11/07 20:30 * URL * [Edit] *  top↑
原作の効果!?
やぎ座様
 ありがとうございます。

 「春の雪」、読んでいらしたのですね!
 時代と言い物語と言い そこそこ私たちの年代には 
 しっくりく来ると思います。
 言葉が(セリフ)きれいだったりやはり文学作品の良さでしょうか。
 「雪」のシーンも素敵でした。
 
 映画にもなったりTVドラマ化もすでに
 あったようですよ、見たくなりました・・・・。
 

 演出家の生田大和先生どんどん活躍して
 欲しいです。期待!

 みりおちゃんは次は「ベルばら」なんですね。
 ほんとに美形i-178 
 ちょっと小柄が惜しいわ~~i-179 
 
 Elements、ひつこくBlogにUPしてしまいました(反省)
 一回組立?がわかると大丈夫ですよ!

 
 
 
 
 
From: yokko * 2012/11/07 21:46 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yokko

Author:yokko
季節を巡る日々の出来事を
「覚え書き風」に 
気ままに更新しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク