FC2ブログ
 星組の全国ツアー公演が スタートしました。
 
 芝居「琥珀色の雨にぬれて」 ショー「セレブリティ」の演目で約一ヶ月間で
 神奈川(相模大野)→新潟→→富山→三重(四日市)→愛知(名古屋)
 →神奈川(横浜)→埼玉(大宮)→宮城(仙台)→北海道(札幌)→岩手(盛岡)
 →大阪(梅田) と 普通より半分ほどの団員(約40名程)で回ります。

 
 地方での公演は 実際の舞台を見たことがない方も
 劇場の大きさや客席が 本場とは違っても 近場の劇場で 
 TVとかDVDの映像とは違う臨場感を味わえ、
 若い方が見て「宝塚」に入りたいと思うかもしれない・・・とか
 色々と効果があるのでしょうね。

 私もローカル住まい さっそく相模大野グリーンホールは
 近いので行ってきました~
 いえいえ すご~く見たくて待っていました!(笑)
  
 私にはお芝居の「琥珀色の雨にぬれて」は 初演はVHSでしか知らないけれど 
  次の再演で機会があり 宝塚復帰初めての本拠地大劇場へ見に行った事や 
 東京は宝塚のチケットの入手は劇場に行って早く並べば買えるものと
 何も 知らず友人と始発に乗って行って「立ち見」をした経験(すごく若い!!)等
 があり。。。。。。
 また
 琴線に触れた歌声と舞台姿で魅了された春野寿美礼 おさちゃんのルイとクロード
 (主演が休演で二番手代役)が見れたことなど たくさんの思い出があります。
 
 長~年月が流れました・・・・。
 初演 再演も知らない今のたくさんの若いファンの方たちの反応はどうなのでしょう。
 
  
 1920年代のパリ  戦争帰りでフィアンセもいる若い公爵クロードが
 その当時の自由に生きる美しい「マヌカン」に森を散策中に ジゴロを
 引き連れた彼女に出会って一目惚れします。
 その青年公爵と マヌカンを好きなジゴロの一人 ルイ
 かたや、クロードのフィアンセのフランソワーズと クロードの友人でもありフランソワーズ
 の兄ミシェル 等 男女が織り成すシチュエーションが なかなか面白い。
   
 当時のパリの風俗 貴婦人 ジゴロ タンゴなどの舞台上の設定もよく
 主題歌 挿入歌も私は 好きです。
 
   
 プロローグのタンゴの群舞は 白黒のその当時風衣装で 列をなした振りが圧巻でした。
 今回も 劇場のスペースが 限られてはいたものの見応えがありました 。


  「むずかしい・・・・!
  (浮気旅行がバレての)修羅場、 意思を通せない 「なんでやねん!」と思う。
  でも 今の生活を捨ててまで・・・行けなかった、自分の立場をわきまえたクロードを
  分かって もらえるように演じたい!」と クロード役主演のちえちゃんが 悩みながらの
  役作りを的確ではないかもしれませんが 色々語っていましたね。
 
  ダンサーのちえちゃんが 「タンゴ 踊れない」(笑) なんて笑い話みたいで
  元気でワイルドなイメージとはキャラ違いだけれど
  新しい挑戦 純粋で一途な青年役に真摯に向き合ってステキでした!

  前髪も少したらしてオーソドックス クロードぼっちゃん!
  スーツは 何回も変えて登場 ・・・・、
  お話は コート姿(これも男役ならではの衣装の一つ)で 登場するクロードの
  回想ではじまり 最後も「美しい思い出だった」みたいなニュアンスで終わります。

  シャロンねねちゃんは すごくきれいでお見事でした。
  はまり役です。
   坊ちゃん公爵に対反しての大人のセリフが 印象に残ります・・・・。

  入り込んでみるとそれぞれの描かれた人間に結構胸がキュンキュンします。
  さすがは 柴田侑宏先生の「名作」でした。  
    

       星全ツ   
    まだまだ書き足りなく まとまらないのですが・・・・・。
    真夜中 過ぎてしまいました!

        
    
09/09|音楽・観劇コメント(4)TOP↑
この記事にコメント
琥珀
yokkoさま

こんにちは!

もう琥珀色の雨に濡れて、ご覧になったんですね♪ 
いいなぁ~

私は、匠ひびきさんの琥珀がイマイチだったので
どうかな~と思ってたのですが、期待していいのですね? e-446

トレンチコートで銀橋で歌うちえちゃんにやられちゃうかも!!

今までとは違ったちえちゃんに会える「琥珀」、楽しみです!!

私は千秋楽の観劇なのですが、もう待ちきれないです~~~orz
From: happy * 2012/09/10 15:05 * URL * [Edit] *  top↑
琥珀色の雨
たまたまなのですが、「琥珀色の・・・」のプログラムがありました。2002年3月です。クロードは
匠ひびき、シャロンが大鳥れい、ルイは春野さん
他にジゴロ役に楓沙樹、瀬奈じゅん、彩吹、
蘭寿、、婚約者に遠野あすかというメンバー
10年前になるのですね、ペイさん(高汐巴)からは何年になるのでしょう、ありがちな話なのに、全然古さを感じさせずおしゃれな会話の数々、遠野
が言うせりふや最後の別れの時にパトロンの
高翔みずきの言うせりふが印象的
柚希がねねちゃんにぼうや、みたいなこと言われ
ても変ではないのですね、よかった。写真の
ちえさんもそれらしく、もうなんでもできるのです
ね キャラがちがうなんてことがないのは立派

From: やぎ座 * 2012/09/10 21:16 * URL * [Edit] *  top↑
琥珀
happy様
 さっそくコメントありがとうございました。
 
 はぁ~い、行って来ました。
 
 宝塚らしい大人のラブロマンスでよく出来た
 作品だと思います。

 歴代のクロードとはまた違う、純粋で少し愛嬌も
 あるような役作り、
 ところどころ目の表情がとても
 可愛いかったです(笑)

 「セレブリティ」は そのままのテンションで
 楽しめみんな元気いっぱいで チエちゃんの
 客席降りは運動会みたいに走ってますヨ!
 i-246
 ツアー、追いかけて付いて行きたい気分
 ですよねi-199

 千秋楽はいいですね!i-87 
 羨ましい~~~^^どうぞお楽しみに。
 
 
From: yokko * 2012/09/10 21:25 * URL * [Edit] *  top↑
10年前でしたか・・・
やぎ座様
 コメントありがとうございます。
 再演のプログラム お持ちでしたか~懐かしい。
 チャーリーはともかく ルイに惚れ惚れでした。
 いやらしくてでも品のあるジゴロでした(笑)

 やっぱりマジョレー湖へ行くクロード
 シャロンと琥珀色の雨の中ですれ違いながら
 再会する 会話もないし おしゃれで絵画みたい
 なラストシーンですね!

 不倫の話で浮気がバレバレになって
 普通に考えたら アホらしくもなるのに 
 なぜこんなに宝塚でやると
 素敵なのでしょうね?!i-179
 マジック。。。アハハ 
  
From: yokko * 2012/09/10 21:50 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yokko

Author:yokko
季節を巡る日々の出来事を
「覚え書き風」に 
気ままに更新しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク