FC2ブログ
 9月10日(土)

 真夏が戻って来た様な暑さの中 赤坂ACTシアターにミュージカル「ロミオとジュリエット」
 を 見に行って来ました。
 立ち見もあり、超満席でした。

   li_music1.gif

 耳慣れたオープニングの音楽で テンションが上がります。

 今風?? 現代版!!の時空を超えたような「ロミオとジュリエット」でした。
 舞台上は 装置、衣装、等がクラシックとモダンの融合、クロスオーバー的な
 雰囲気でした、 賑やかなたくさんの出演者で舞台が狭く感じます。

 音楽はメロディラインの美しいラブソングあり、またダンスナンバーになっているポップなロック、
 とロマンチックだったり 楽しかったり、全編を通し飽きることがありません。

 その1 な、なんと 最初の方で ベンヴォーリオがロミオの居所を
  探すのにケータイで、  客席もクスクスって(笑)

 その2 バルコニーで結婚の約束をしたロミオが「メールするよ」
 ジュリエットが「まだ持ってないの、18になるまで・・・・」の場面。
 (詳細な記憶は自信がありません)

 その3 そして、そして、この物語の悲劇になる大事なポイント、
 友人マーキューシオを殺害されたロミオはティボルトを殺めてしまい、ヴェローナから 
 大司教に追放されたけれど ジュリエットが薬草で眠っていると 今風アロマが趣味!?の
 ロレンス神父の計らいで神父は「愛」の伝達にメールを打ちます、
 でもロミオは放浪中にケータイを壊されてしまっていました。。。。
  (メールさえ届いていれば・・・涙)

 ケータイの事ばかりになりました。。。。 
  
 2幕でヴェローナを追い出され放浪するロミオは 人中でゴロゴロと旅行用?
 キャリーバックを轢いていました。。。。(充電器とか色々入っていそう?笑)
   
 これだけの今風な演出には かなりびっくりでした、意外性と娯楽性なの!??
 お墓の中でシェークスピアも苦笑でしょうか。
 どんどん舞台に引き込まれ途中からは違和感は 消えていました。
  
 主演城田優君は 背が高く甘い歌声、ソフトなやさしいハンサムなロミオ役で
 悲劇の物語を汗と涙で 大熱演でした。
 最後の結末のクライマックスは 後にヴェローナに平和をもたらすことに
 なったものの、世紀のロマンスにはドラマチックで胸が詰まる切なさがあり
 感動でした。
 
 
 城田優君は兎に角金髪で顔は全くの外人さん 主役が目立つのは当たり前だけど
 すごい存在感でした。

 オーデションでWキャストの一人、ジュリエット役はフランク莉奈ちゃん、
 若くスタイルもよく一生懸命の舞台でした。

 歌い方もそのまま・・・、大きな目はキラキラの涼風真世さんは キャピレット夫人。
 品のいい素敵なお衣装の大鳥れい、みどりちゃんはモンタギュー夫人。
 「う~ん、お上手!」の歌も演技も熱演の乳母役に未来優希さん。
 実力を兼ねそろえた宝塚OGも 大活躍でした。
 
 宝塚バージョンとは音楽は一緒でも こちらは全体にはやはりとてもリアルで、
 ダンスも歌もレベルが高くて見応え バッチリでした。

 宝塚にあった「愛」の人物設定は なかったけれど「死」はあり 死の役男性ダンサーは 
 終わりの方では宙吊りの場面もあり、アクロバット的なダンスは素晴らしかった(大貫勇輔さん)
 演出家お得意の小池っちゃってた演出~でした(大拍手
  
 来年秋には フランスから本家本元の舞台が来日するようです!
 
 即日完売の貴重なチケットを 無理みたい→もう少し頑張ってみる と言って
 ゲットしてくれたK子様 本当にありがとうございました。
 急にロミオとジュリエットの舞台になったイタリアに行ってしまって
 ご一緒出来なかったけれど ミュージカル大好きな友人としっかり楽しんで来ました。

 つたない感想徒然・・・でした  

            CIMG0362ロミジュリ

   A14-c064_20110911120814.gifおまけのページ
       
  楽曲が素晴らしくていつまでも心に、耳に残ります。
  余韻が楽しめるのも生の舞台の醍醐味です。

  ジュリエットへのピュアな愛の表現は 2010年日本初演のれおん君が
  私には一番かも~と、あらためて思い返してみたりぃ~A08-c042_20110911120814.gif

  A03-e016.jpg

    丁度お昼の開演 その前にブランチしました。
  めったに来ない週末の赤坂 美味しそうなランチを探す暇も 下調べもなく
  ACTシアターすぐそばのカフェに。

  フランス本店のクレープ屋さんです。www.breizhcafe.com
  
  シードルはリンゴの発泡酒で これはチケット提示のサービスでした。
  ガレットは薄ーい生地を焼いてチーズハム卵が
  のっています。
  
  フランスのブルゴーニュ地方の素朴な(実際はそば粉で作るとか)食べ物です。
  クレープはプレーンな物、後はリンゴジュースです。
 
  
  まあまあ 美味しかったけれど物足りなくシードルもリンゴジュースも
  陶器の器で おしゃれなカフェなのに
  だってリンゴジュースが写真だとまるでコンソメに見える・・・、
  せめて飲み物は種類からしてグラスよね とか友人とちょっと不満。
  

  catsクレープ
09/11|音楽・観劇コメント(4)TOP↑
この記事にコメント
ロミジュリ
yokko様

今晩は☆お久しぶりです♪

ロミオとジュリエット、観てこられたんですね^^

ネットで情報集めてたら、あまりいいお話が出てなくて
携帯電話で、観劇意欲が萎えましたe-263

音楽はいいんですけどね~

yokkoさんは、感動されたとのこと。よかったですね♪
やっぱり、生の舞台は携帯電話関係なく(←こだわる^^;)いいんですね。

私は、ちょっと批判的な記事を書いてしまいました。

広い心で観て、楽しんだ方がいいのかな?

今回のお衣裳もあんまり好きじゃないので、宝塚星組、雪組公演を いい思い出としてとっておきますe-446

From: happy * 2011/09/13 00:18 * URL * [Edit] *  top↑
ロミオとジュリエット♪
感想を読んで、観た気になってしまってはいけませんね。

スト-リ-は同じでも、宝塚と違ってリアルな男性が演じると、全く別物の舞台に感じるのかしら?

歌とダンスの迫力、さぞ素晴らしいでしょうね!

関西公演、早くゲットしなければ‥‥。
From: mary * 2011/09/13 00:47 * URL * [Edit] *  top↑
ロミジュリ
happy様

  コメントありがとうございます。

  そうです、おっしゃる通り、小道具使いには
  「ドン引きi-199」でした。。。。

  宝塚とは別物と割り切っていて、
  音楽も一緒、演出家も一緒で、
  「エリザベート」のトート役が素敵だった城田優
  君にもそれなりに期待して見に行って来ました。

  スキルの高い歌やダンスでチケット分以上は
  しっかり楽しんで来ましたよ!(笑)

  夢がみれ感情移入がすんなり~は
  やはりキラキラとビジュアルといい、
  ピュアな演技に歌、最高のロミオは
  レオンちゃんでしょう、私も。☆
 
  
  
  
  
From: yokko(D) * 2011/09/16 15:54 * URL * [Edit] *  top↑
ロミジュリ
mary様

 「ケータイ」の事を結構書いてしまいましたが
 i-229

 ヒョウ柄やモノトーンの衣装を着こなした迫力
 いっぱいの舞台男優、舞台女優さんの歌や
 ダンス、原作がいいので見どころ色々あります。

 フランス版も 見たいと思っていますi-179
 
 Wキャスト、演じる人が違うとまた違うかも。

 コメント ありがとうございました。
 

   
From: yokko(D) * 2011/09/16 16:18 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yokko

Author:yokko
季節を巡る日々の出来事を
「覚え書き風」に 
気ままに更新しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク