FC2ブログ
  最近 すでに亡くなっているのに 戸籍上は まだ生きている人が
  続々話題になり 江戸時代生まれ とか言うニュースまで聞きました・・。

  そんな話題とは結び付かないけれど 今年はショパンが 生まれてから200年経ちました。
  1810年に 生まれた事になります。
  え? 日本は何時代・・・?

  少し前 そのショパンが生まれてから187年後1997年に生まれた(ついこの間みたい・・・)
  今年13歳の中国人男の子のピアノを地元の市民ホールに聴きに行きました。

      CIMG1792ニュウニュウ


   ノクターンにソナタにバラードにエチュードと てんこ盛りのレパートリー!
  全て今年の生誕に合わせたショパンの曲でした。
  
  ひょろひょろと背の高い(170㎝位)どこにでもいそうな少年、
  幼くまだまだ未知数だけど彼の指先の技量は13歳で凄い・・と思ったけれど。
  
  チラシの解説を見ると ピアノ以外にヴァイオリンも指揮も勉強している様子。
  色んな可能性が花開いて 人としての成長と共に聞く人の心に響く演奏家に
  なってほしいと 感じました。
(もう既にプロ・・・・でしたネ!)・・・

  エチュードは12歳でリリースしているだけに癖が無くまあまあよかった・・・・。
  (エチュード=練習曲)

  
  因みに今年はシューマンも生誕200年です。
  「子供の情景」の中の トロイメライは だれでも一度は聞いた事のある旋律。

  ロマン派のピアノなら 詩人と言われるショパンが有名だけど シューマンのピアノ曲も
  たくさんいい曲があります。
  「ウィーンの謝肉祭騒ぎ」などは フランス革命の「ラ・マルセイエーズ」が7小節位
  力強く忍び込ませてあります。
  弾いていて「ベルばら」?思い出すくらい~ 
  また 「蝶々」と言う変奏曲の中の最後は 朝の6時を告げる鐘の音が(ラの音)6回鳴り響き  
  ちょっとユニーク?・・・そんなこんな ショパンも シューマンも偉大な音楽家です。

  数々の名曲が これからも受け継がれていきます。                  

  
 
  
08/31|音楽・観劇コメント(2)TOP↑
この記事にコメント
演奏会♪
流石、音楽に造詣が深くていらっしゃる~勉強になりま-す♪
お近くの市民ホ-ルでは、一流の演奏家の音楽が聴かれて、良い環境にお住まいですね!

シュ-マンの「トロイメライ」、彼の方が素敵な日本語の歌詞で歌われていますね(*^_^*)
From: mary * 2010/09/02 23:45 * URL * [Edit] *  top↑
文化会館
mary様
 コメント ありがとうございます。

 演奏会も演劇も催しものは近場が 一番です!
 市の広報にも 案内が載るのでよく利用します。
 創設された時から お馴染みで楽友協会もあり
 以前は入っていたくらい。
 一日かかりにならないのが最高です。
 智さんの「新世界」もここで聞きましたし 
 花組さんの「ベルばら」外伝も 見ました(笑)
 
 
From: D * 2010/09/05 00:08 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yokko

Author:yokko
季節を巡る日々の出来事を
「覚え書き風」に 
気ままに更新しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク