FC2ブログ
いつもは録画撮りしたものを見ることが多いTV、今年はリアルタイムで
よく見ていた。。。。
お正月って特別番組が多いしね。

その中で地上波初の映画ノーカット版 「マスカレードホテル」が 
キムタク 長澤まさみのコンビの主演で結構面白かった。

東野圭吾の本は好きで文庫本が書店に並んだ時に買って既読。
サスペンスって筋を追うから すぐ読めちゃって気楽なところが読みやすい。

ホテルに来る客はそれぞれの見えない仮面を付けて現れるという設定が
「マスカレード」を意味し その仮面の下には 人それぞれの
人生だったりしていて その複雑さの中に どんな事情? 誰が犯人?って
犯罪を織り込んだミステリーは面白かった。

そしてそれがこの度 宝塚版で上演、 チケットが当たっていたので早々の6日
の公演を友人と初観劇、新年会気分で梅田ドラマシティへ行って来た。
花組生28名での舞台。
大きな劇場での豪華で華麗なキラキラな舞台もいいけど 小さめの舞台で
一人ひとりの活躍ぶりがよくわかる舞台も見逃せない!

マスカレードホテルキャプチャ


不可解な連続殺人事件が起きて次の的は 都内のホテルが犯行現場との推測、
警視庁の刑事が そのホテルにホテルマンとして侵入して解決して行くという
芝居内容は原作に忠実、
複雑なんだけど無駄なくまとめてあって良く出来た作品だった。
瀬戸かずやかキムタクか・・・・ 主演はかっこよかった!

瀬戸さん、アキラさんはピッタリな役に 出ずっぱりで半端ないセリフ量、
さすが もう学年的に上級生、安心してみていられる。

そして ホテルウーマンでフロント係として
活躍する山岸尚美役の先ごろ雪組から花に戻ってきた
朝月希和ちゃん 冷静なホテルウーマンの立ち姿が きれいであきらさんとの
コンビネーションが バッチリ。

脇でホテルの総支配人役の専科の汝鳥伶、過去にアキラさん役新田刑事に
プライドを傷つけられそれがトラウマになって人生を失敗している役の
高翔みずきのベテランさんの見せ場もあり 芝居の中の別話も分かりやすかった。

犯人の盲目を装った婦人 片桐瑤子と劇団員長倉真貴(片桐瑤子)2役の 
音 くり寿ちゃん、とてもインパクトあって好演!
歌も上手な100期生、これから楽しみ。

宝塚の舞台は 芝居の中に ダンスも歌もあって
最後お決まりのにフィナーレもあってあっという間の2時間半。

そんなこんな 今年もチケットが入手出来たら 舞台から元気をもらいに
106周年めの宝塚歌劇にゆる~いファンで行けたらいいなって思っている。

  



01/08|音楽・観劇コメント(2)TOP↑
プロフィール

yokko

Author:yokko
季節を巡る日々の出来事を
週一程のペースで綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク