FC2ブログ
10日ぶり・・・・になりました
ダラダラと 長~くなりそうです!
この約2週間 母が居て、毎日決まった介護生活の中
平昌冬季オリンピックを楽しんだり チクチクの宿題をしたり平凡に
過ごしています。

大阪でもこの時期 朝起きたら雪が少し積もっていた日がありました。
大阪に来て初めてです、それだけ今年の冬は寒くなりましたね。
流行っていたインフルエンザも少し終息の様でホッとします。

   雪の朝

2月がアッと言う間に逃げます! 笑
備忘録を・・・と 思いパソコンを開けたのですが いらない事ばかり??^^;
待ち遠しい春のテンプレートに変えたり 夫がいただいたバレンタインチョコのくまさんが
可愛くてついつい画像で遊んでしまいました。

     バレンタイン2018


                   pach_girlue02.gifcup-s01bm.gif

こんな毎日ですが 気を取り直して~
1月の後半の観劇の記録を今さらだけど自分記録です

          ☆ミュージカル「マタハリ」を 梅田芸術劇場で観ました☆
 大人なミュージカルで楽曲が ワイルドホーン氏。
 マタハリと言う東南アジア系の踊り子を演じたのは柚希礼音、
 第一次世界大戦の中、ダンサーとして高官たちに絶大な人気で生きる一人の
 女性の半生を主軸としている物語でした。
 マタハリって実際に存在したようです。
 ドイツのスパイになる様仕向けられ 結局はフランスで処刑される悲しい
 最後の結末でその当時こんな生き方しか選択出来なかった事、
 身につまされるような・・・・、
 でもそこは音楽の力、ソロ、コーラス、迫力もあり場面場面に説得があり 出演者の
 役への思い入れがよく伝わって来ました。
 
       マタハリ

            ☆リーディングオーケストラコンサート☆
  この様な形式のコンサートは 初めてでしたが本は まだ読んでいなかったので
  内容がリアルに分ってすごくよかったです。
  音楽監督が千住 明氏
  「蜂蜜と遠雷」(恩田 陸 原作)と言う本の中身を ストーリーテラーの案内と 
  中に出てくる若い音楽家たちのソロ(ピアノ、声楽) とオーケストラ(大阪交響楽団)、 
  本の内容の朗読がコラボレーションになっている3時間余りのコンサートでした。
 
  視覚障害者のある方対象に ボランティア朗読をされている友人にお誘いいただきました。
  最後のバルトークのピアノコンチェルトNO.3の第一楽章 初めて聞いたような、
  改めて聞いてみたくなりました! 
  ピアノ音楽の専門的な事もたくさん詰まっている本も魅力的です。

      蜜蜂と遠雷

           ☆ポーの一族☆
  こちらは宝塚の通常公演です。
  人気マンガ、演出家は小池修一郎氏、人気の花組、  これはチケット取るのは
  難しい~と 普段頼んだことのない生協でも エントリーしました。
  結局 生協も当たり、友会も当たり 友人と2回観ました。

 生協のお席は2階の端の方のこんなお席でした! 初めてです、大劇場二階。
 でも 宝塚の客席って実によく出来ていてしっかり観れます。
 優れものオペラグラスを頻繁に使い楽しみました。

 上から見る舞台は奥までよく分り また 盆回り(舞台の回転)の
 起用がさすが・・・
 題名や作者の萩尾望都氏は 知っていましたがマンガを知らなかったので
 3冊 読んでみましたが エピソードに分けて書かれているせいか
 雰囲気は掴めたものの文庫本の字は拡大鏡が 欲しいくらいで夢中になるような
 物ではありませんでした、私にはね。

   ポー 1

 マンガの中から主人公が飛び出てきた様な そんな形容の花トップ 
 明日海りおの永久に年をとらないバンパネラの少年エドガー、
 その友人の柚香れい、宝塚でしか出来ない様なビジュアルの出演者たちが
 息づく 少女マンガの世界に飛び込んで来ました。

 演出家の手腕、ストーリーの組み立てがよく出来ていて凄く満足出来る舞台
 でした。
 お話のスピードが心地よく 小池先生が30年温めていらしたと言う思いが
 あったそうだけど「なるほど~」と 感心しきり。

 2回目は たまに大当たりのSS席でした。
 もう きれい~、きゃぁ~と なるような煌びやかで華やかで 
 こんなところや あんなところ、 限なくステキな公演でした。

       ポー2

                    zukaline_201712230659430b6.gif

 ずいぶん 日にちが経ってしまっていて・・・ やはりテンションの高い時に
 書かないとあれこれ書きたいことだらけだったはずなのに
 うまくまとまらない!! と 反省です^^;      

 
02/18|日常コメント(6)TOP↑
プロフィール

yokko

Author:yokko
季節を巡る日々の出来事を
「覚え書き風」に 気ままに更新しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク