FC2ブログ
朝 9時過ぎにバスに乗りフェリー乗船の港へ向かう。
この日は  ヘルシンキで丸一日自由に過ごすことも出来たが
もう よほどの機会がなければ来れないとの思いで
オプショナル・ツアーに参加してバルト三国の一つエストニアの
「タリン地区」に行った。

ヘルシンキとタリンを結ぶかな~り大きなフェリー、
一日5往復位するそうでこの日も観光シーズンも
手伝ってかかなりの車と人が乗船する。

タリンまでは ヘルシンキから約2時間の乗船。

  フェリー

エストニアの首都タリンは人口約43万、
バルト海のシリコンバレーと呼ばれ IT産業が盛ん、
IT先進国、どこでもWifiが繋がり 小学一年生からアプリ開発の授業が
あるらしい・・・・・
「スカイプ」 発祥の地・・・・・全然 知らなかった!

観光スポットは旧市街地に集中、
フェリーから下船したら雨が降っていたが・・・。

花の飾り付けや すてきなカフェや気になる様なショップがあって
とても可愛らしい街、タリン。
   花のある窓
   タリンカフェ

    タリン街1


直行でランチのレストランへ
店員さんもタリンのお国ファッションでお出迎え、みなさん きれい~、
エストニアって世界一美男美女の多い国との評判!とか。

テーブルにキャンドルが点けられていたり、パンの籠、
北欧らしいあたたかいイメージの赤い食器、おしゃれだった。
      1タリンランチ
お食事もおいしかった、メインはポークの煮込み、お肉が軟らかい!
パンはハーブ入りでもちもち、デザートのお皿は粉砂糖で演出。
      2タリンランチ

食事をしている間に雨もほとんど止んでそのあとは傘の出番がなく助かった。

さて、
午後からは 市内散策を楽しむ。
割と小さい街で ぐるりと回ることが出来たが 見どころがたくさんあった。

 タリン独立戦争の記念碑、エストニアは1991年に独立している。
 フィンランドに近い言葉や習慣を持ちスェーデンに歴史的影響を受けてる!?
 詳しくは調べていないが。
     タリン独立戦争記念碑

ここはトームペア城、今は国会の議事堂として使用されている。
ピンクの瀟洒な建物、国旗が見えるが エストニアの国旗は 
青、黒、白の三色旗。

    タリントームペア城
ヴィル門   やはりぞろぞろと観光客が、割と白人系の人が多いようだ。
    タリン観光地
20分程 細い階段を上って行くが。。。。。。
 
この階段が旧市街地と繋がっているか?ちょっと疑問、
余りにもカメラ、タブレット、スマホと写真が多過ぎて記憶力との収拾が~
つかなくなってきた  

    タリン旧市街地

タリンはぐるりと石造りの城壁に囲まれ 門や城塞が残っている。

     タリン城壁に囲まれて1
古い感じがまるでおとぎの国のようで 童話の主人公でもヒョイと 顔を出しそう!
     タリン城壁に囲まれて
旧市街の丘(トーンペアの丘)へ登ってみると・・・・・ちょっとした広場になっていた。
こう言う石の僧侶の像も中世にタイムスリップした雰囲気。
      タリン僧1

         タリン僧2
赤レンガの屋根がきれいなタリンの街が一望出来た。
正面に見えるのは聖オレフ教会
         タリン
八角の塔は 精霊教会
         タリン聖オラフ教会1

広場の違う方向から撮ると精霊教会の向こうには 近代的なビルも見えた!
         タリン街を望む
 
  ちょっと大きくしてみる。
          タリン聖オラフ教会
         
      A14-e016.jpg つづく ・・・・・・・・・・ 

  
08/19|外出・旅コメント(2)TOP↑
プロフィール

yokko

Author:yokko
季節を巡る日々の出来事を
「覚え書き風」に 気ままに更新しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク