FC2ブログ
 母が1週間ほどのショート・ステイ、お盆の集まり、友人とランチと
 のんびりしたり出かけたりの日々を過ごしています。

 後半の北欧旅行は まだ続きます。
 
   C20-e011.png

 コペンハーゲンで1泊した翌日は 11時近くの集合までたっぷりな時間。
 珍しく朝 部屋でコーヒーを入れたり、朝食も遅めにしてとてもゆっくりした。

 空路1時間半程でフィンランドのヘルシンキへ  
 ツアーのお決り?空港から現地ガイドさんの案内で市内観光へ

 フィンランドも国土の3分の2が森林、湖も多く自然に恵まれた国だ。
 そして ヘルシンキは「バルト海の乙女」と 呼ばれているような美しい街で
 スエーデンとロシアの統治の名残りが 建物や街並みに感じられる。

 フィンランドも冬が長く快適に過ごすためにシンプルで機能性に
 優れたデザインや建築が多いそうで 夏は努めて屋外で人々は過ごす。

 そう言えば「サウナ」は フィンランドが発祥地、家庭にもサウナがあり
 日本人がお風呂に入るようなもの、集合住宅やマンションにも公衆サウナが
 必ずある。
 湖畔にサウナ小屋を建て あったまったら湖に飛び込むようなスタイルも
 典型的な利用方法らしい、

 なるほど~サウナ・・・・因みに我が家のユニットバスには マイクロサウナ、スプラッシュサウナ
 なるものがある、1回も使ってないけど(笑)  今年の冬は試してみよう!

 ヘルシンキ街1

  シベリウス公園へ

  緑豊か・・・・大きな木の木陰がやすらぎ
  シベリウス公園1

  フィンランドを代表する作曲家ジャン・シベリウスの肖像彫刻が 花崗岩の上にあった。

  彼の「フィンランディア」は 最も知名度が高い。
  ロシアからの独立の原動力に、愛国心を込めて作曲され、フィンランド国民には
  特別の意味を持っている曲で、ヘルシンキで初演されたようだ。
  
  学生時代、ポピュラーだが 私はシベリウスの交響曲2番に凝って 「シべ2」とか言って
  仲間とあれこれ言ってはよく聞いていた。
  特に4楽章のクライマックスが心地よくメロディと共に懐かしく思い出される。
  まさかシベリウスの国に来れるなんて・・・・
  余談になるが 今のN響の首席指揮者は 確か明日行くエストニア出身だと記憶している。
  北欧のクラシック・・・・・あらためて聞いてみたいと思う。
  シベリウス公園3
  そばに ステンレスの風が音を奏でるパイプのモニュメントもあった
  公園の樹をイメージした物らしい。
  シベリウス公園4

 柘榴?!が 売られていた・・・・珍しいかも~。
  シベリウス公園2

ヘルシンキ中央駅、 時計台とランプがあるそうだが通過しただけ。
ここからサントペテルブルグまで3時間程とか・・・・ロシア近い。
後日談・・・・やはりこの駅も切符を持っていなくても直接ホームへ行け
切符チェック改札口が無い!そうだ。  
  ヘルシンキ駅
駅前がメインストリート、トラム路面電車や バスも走っている。
地下鉄もあるので 移動は便利・・・・それらに乗るほどの滞在ではないのが残念。
  ヘルシンキ街
 
 ヘルシンキのランドマーク 白亜のヘルシンキ大聖堂
 青空に巨大な姿が ブルーと白の組み合わせで美しい!
  ヘルシンキ大聖堂
聖堂前は広い階段で各々自由に腰かけたりアイスクリームを食べながら日光用浴したり
市民の憩いの場所の様子。  
  ヘルシンキ大聖堂1
 聖堂の中   入り口の上はパイプオルガン、正面はサントペテルブルグ出身の画家が
 描いた「イエスの埋葬」の祭壇画が 掲げられていた。
 普通のヨーロッパの教会とは少し違っている。  ロシアに支配されていた影響がありそうだ。
  大聖堂 中
 大聖堂前の元老院広場、やはり!  ロシア皇帝アレキサンダー2世の像があった。
  ヘルシンキ大聖堂2

 大聖堂から少し歩くと 市庁舎や大使館が並ぶ大通りがあり そこを渡るとバルト海が
 見えるエテラ港につながっていた。
 ヘルシンキ街なか

 活気あふれたマーケット広場があって季節や時間帯によって
 色んなものを売っている様だ。
 港

  マーケット広場に黄金の球体の上に双頭の鷲がいる「皇后の石碑」が あった。
  あ、鷲の上にバルト海を眺めるカモメが1羽~

  ヘルシンキのカモメと言えば「カモメ食堂」と言う 映画がある。
  知らないので今度 見てみたい・・・・・
  市内にそのレストランがあるそうな~シナモンロールが有名とか。
  
 IMG_0487.jpg
 
  ウスペンスキー大聖堂
   こちらは ヘルシンキ大聖堂と全く趣が違う、レンガ作り。
   塔の先の金色の玉ねぎ型屋根が 輝いて煌びやか。
   丘の上にあり 遠くからでもよく目立った。
 ウスペンスキー寺院

 ざっと市内観光の後は ツアーご案内のお土産物屋に行く。
 主に マリメッコやムーミンの小物を たくさん置いていた。
 
08/15|外出・旅コメント(9)TOP↑
プロフィール

yokko

Author:yokko
季節を巡る日々の出来事を
「覚え書き風」に 気ままに更新しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク