FC2ブログ
東急シアターオーブで 先週末から始まった星組公演「太陽王 ~ル・ロア・ソレイユ~」を
見て来ました。
フランスで最高興行記録を打ち立てたミュージカルの日本初演版・・・です!
     太陽王1

38名の少ない出演者、どう言う仕立の日本版ミュージカルにになっているのか興味深々で
客席に・・・・・、
舞台 近く感じます、オケボックスも銀橋もないしね。

フレンチロックで綴る「太陽王」ルイ14世のストーリーは 彼の生涯の恋愛に焦点を
当てたらしい、時代背景や物語の進行にはモリエール(劇作家)が 登場するのですが
予備知識もないので プログラムを買いました。

あらすじも人物もすごくよく分り、キラキラでカメラフラッシュの光まで入っているような
「太陽王」の写真、ウワサ通りの「踊る王」の満載~ 
急いで見たり読んだり、開演まえからワクワク、ゾクゾク?してしまいました。 
    太陽王4

センターに白い階段があり電飾使いなどはなくどちらかと言えばシンプルな舞台装置、 
ブルボン王朝のカラフルなお衣裳が映え そこはとても宝塚らしい華やかさ
フランスだからってわけではないのですが 女役さん達のフリフリドレス、色合いが
ラジュレのマカロンみたい~笑 でした???

ついこの間までナポレオンを演じていた柚希礼音、ちえちゃん、 今回はルイ14世に、
役柄と言え演技、歌 バレエチックなダンス がらりと変わった全てにおいて
お見事な挑戦でした。

今回ビジュアルがこれまた 
太陽のイメージのような金色のお衣裳、ロングの髪、醸し出す雰囲気、ナイーブで
でも颯爽と王の風格、 とても素敵でした。

幼くして即位 その孤独や絶対君主に「朕は国家なり」と言いながら
人間として愛されたいその辺りのミュージカルとしての作品の良さは
面白かったし もちろん歌もたくさん、一回では覚えるのは無理ですが
いいナンバーがいっぱいありました。

初日の挨拶で「メッセージ性のある作品」と ちえちゃんが言っていましたが 
本当にそう思います。

その当時ルイ14世に係った人物の個性の中に見る人間!、面白いです。

ルイが関わった女性たち  よく描かれていて マリーマンシーニ(綺咲愛里)、
マリーテレーズ(優香りこ)、モンテスパン夫人(壱城あずさ)、フランソワーズ(妃海風)、
の4人とルイとの絡みがとても新鮮でした。

特に最後 王妃の侍女だったフランソワーズとルイがともに生きて行くことを誓う場面、
フランソワーズが 王の真心の愛を確信、うろ覚えですが 私は長い期間何人もの人を
見送ったのでどうぞ長生きして下さい みたいなセリフで 愛を受け入れます。
とても心に響きました。。。。。 

お決まりの「フィナーレ」もあり コスチュームのお衣裳から 男役は黒エンビ、ちえちゃんは
濃いシルバーグレーのようなエンビ 紳士Sで最後までダンスでした。

すごく感動!とか めちゃめちゃ テンション上がる と言う作品感想では
なかったのですがちえちゃんを見つめる限りやはりその頑張りに心から拍手です! 

次回が 楽しみ~~、





 







05/20|音楽・観劇コメント(8)TOP↑
プロフィール

yokko

Author:yokko
季節を巡る日々の出来事を
週一程のペースで綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク