FC2ブログ
   ◎観劇と GOTOキャンペーン

今月は 宝塚の宙組の公演に行ってきました。

「アナスタシア」です。
アニメ映画、ミュージカル等でヒット、
パリで暮らす記憶喪失の娘が
実はロマノフ王朝の末娘だったかも知れないという「アナスタシア伝説」
に基づいたミュージカルです。
内容が分かっていたのでとても楽しみでした。
原作があるってどことなく安心出来て~^^;

ロマノフ王朝や 王妃・・・・いかにも宝塚らしくて・・・・
稲葉太地先生潤色演出でコスチューム、舞台装置、映像、
ストーリーを展開させていく過程が本当に期待通り、良かったです!
まとまった内容の一本物のスケールの大きさ、大満足でした。

今回 いいお席が当たって3列のセンター寄りでした。
これって 長いことファンをしていても本当に まれにしか当たらないんです、!
1列は今感染予防対策で空けているので実際は2列、久々のキラキラが眩くて
アドレナリンが沸き出たような~アハハ!

音楽は今オーケーストラを使わず録音でしたが オケボックスに指揮者の先生が
舞台上にコンタクトでしょうか いらしていました。

  アナスタシアDSC_0422
肝心の宙組の生徒さん達 主だった役は7、8名ですが 各々個性ある役どころで活躍
でした・・・・・。
やはり 主演はトップ男役真風涼帆さんですが今回は 「アナスタシア」似?の
娘「アーニャ」役の主演娘役の星風まどかちゃんが ピッタリで雰囲気も歌も
素晴らしくて、彼女の当たり役になったのではないでしょうか・・・・。

楽曲もさすがにブロードウエイミュージカルのメロディー、
宙組のみなさんの歌唱力やコーラスが引き立っていました。

      051.gif

こちらは 珍しくお買い上げしてきたものです。
と 言うのもGOTOキャンペーンの地域クーポンが 
3000円分 あったので使えました~

「スミレっ子」って 見つけた時に「まあ、こんなところで」って
思わず笑ってしまったのですが
このクルミのお菓子 以前神奈川では 「くるみっ子」と言う名前で全く同じ
パッケージで売られています。
お店もよく知っています・・・・^^) 
宝塚 宙
いえ、実は
その観劇した日は 友人とGOTOキャンペーンを利用、劇場に隣接の
リニューアルオープンした宝塚ホテルに泊まって来たのです。

急に決めたわけではなく コロナが落ち着いたかに見えた数か月前に
キャンペーン広告を見てすでに予約をしていました。

一泊2食 やはりかなり値引きのあるキャンペーンになっていました。
こういうことをして 早く経済を回復させようという狙いだったと思いますが・・・・・。
その日も連休を前に満室でした!
その為に結果的には 人が移動・・・・感染も拡大したのかも知れないのですが!


  宝塚ホテルロビー

観劇後に余韻を楽しみながら・・・・・夕飯は和食をいただいて  夜は
全てが新しくて気持ちの良いお部屋で寛いで 翌日の朝は 洋食をいただきました。
     宝塚ホテル泊

朝は 武庫川の河を渡る風が 少し冷たかったのですが 中々歩くことのない川べりや
大劇場から音楽学校の辺りをぐるっと散歩してきました。

以前にも何回も関東から来ていましたが このちょっとローカルな宝塚
とてもいいところです。

     宝塚 朝

少々大げさですが 2020年 コロナ禍の時期の
忘れられない思い出の一つになりました。
     
11/29|音楽・観劇コメント(0)TOP↑
折角の[ 芸術の秋] も コンサート中止が多く もっぱらTV、ラジオ、CD越しに
色々見たり聞いたりしています。

今の アメリカの状況を考えたら無理ない事だけど
ブロードウェイも5月まで、ニューヨークフィルは6月まで一応興行しないようだし。
ヨーロッパも感染者増になってまだまだ大変ですね。

考えると 最近の日本はまだましなのかなって!

    li_onpu2_2020101812353678d.gif


今年はベートーヴェン生誕250年です。
これは母が描いたものですが ガラスなので端の方が 割れてしまったので
修理するほどでもないので私が写真に撮って現物は処分、 画像をEditorで残しました。

     oie_oie_framed_it (10)

知らない人はいないくらい有名な「エリーゼのために」ってベートーヴェンの
ピアノ曲がありますが初めて自分の意志で楽器屋さんまで行って買った楽譜が
この曲なんです、
今思えば 幼いながら(小学生4年頃)一生懸命になる事が見つかる
きっかけになったような気がしてまだ 捨てられません  汗 
(断捨離が笑ってるヮ)

夏の引越しでこちらで「楽しむ程度に」再びピアノを弾くためにセレクトして
取り置いていた楽譜を全部持って来ました。
「エリーゼのために」もこの中の一つです。
ボロボロで、どれだけ昔・・・?
音楽の友社のピアノピース、35円だったとは記憶になかったけど
アンパンが5円とか 10円程の時代かしら~ 不明、 
因みに全音楽譜出版社の譜面 今は550円です、15倍程!

    全音ピース

「エリーゼのために」は ともかくベートーヴェンってどうなの?と 言えば
ドイツ人、作曲家でピアニストで 日本では「楽聖」と言われ
58歳で亡くなるまで 途中 20代後半から難聴
(鉛中毒が原因という説もあるようです)に なりながらも後世に残る
素晴らしい楽曲を作り、古典派代表の偉大な音楽家です。
これくらいは誰でも知っていることだけど。

私は 若い頃ってどうせならっていかにもピアノらしい繊細で美しくて煌びやな
技巧的にも追いかけたいショパン等ロマン派のピアノ曲を好んでいました。

形式の分かりやすく思える、哲学的内容をもを感じさせる古典派ピアノ曲も
ベートーヴェン生誕250周年に 改めてではないけどしみじみいいなぁと
思うこの頃なんです。

下記の楽譜 学生時代使っていました。
ピアノソナタの全集とピアノコンチェルト1番と3番。
かなりバラバラですが この春秋版は(井口版って言ってましたね) 
表紙が薄くて弱かったんです。
それなりにカバーをかけて丁寧にしていたのですが・・・・・
お取り置きと言うか ソナタは 今も 時々使用中です。

   Beethoven.jpg

母は こんな木彫りも作っていました、 
どこのおじさん ?  ベートーヴェンのつもりかしら・・・

雰囲気的にはベートーヴェンはこんな姿でウイーン郊外散歩しながら
交響曲「田園」を 頭の中で風景を描きながら作曲したかも知れません。
 
ベートーヴェンって 何人か好きになった女性がいて そのラブレターが
死後見つかって 誰に宛てたものかをめぐって色んな説がありますが・・・・
(テレーゼ、ヨゼフィーネ―、アントニエ・ベレンターノ)
生涯独身でした。
そう云えば 「不滅の恋人」って映画がありました。

 ベートーベン

今朝は ベートーヴェンのバイオリンソナタ「春」を聞きました(CD)
軽やかで気分がすがすがしくなるメロディです。




10/18|音楽・観劇コメント(6)TOP↑
先週は 2日に2月以来の約8か月ぶりの生の宝塚の月組公演の
舞台を見てきました。

チケットをGET出来た時は まだ集客は左右の席を開けての半分程で
観劇者の把握目的で一人一枚の抽選でした。
先着順方式で同じ日のチケットが取れた友人とご一緒してきました。

今は 収容人数制限がほぼなくなっていてちょっと蜜も 気にならないでもなかったのですが
考えたらマスクしてみんな正面を向いて黙って観劇しているので全然大丈夫と。

休憩時間も5分長くお手洗いはきちんと誘導されながらの列で
劇場のコロナ対策はしっかり徹底していると安心しました。

そんなことより、
本当に久々ですご~く楽しかったです! 

日本物のレビューは 真っ暗な中 「チョンパ!」の拍子木の音で
パッとライトが付いて始まります。これって感動するんです。
(画像はHPの動画を切ってお借りしました・・・ボケてますが)
2020年は本来ならオリンピックイヤー、そのインバウンドを意識して作られたようです。
監修は坂東玉三郎。 
華やかであでやかで・・・・和のレビューが 堪能できました。
楽曲に「雪の巻」にはビバルディ四季、「月の巻」にはベートーベンの「月光」
(これは すごい長かった~汗)
 「花の巻」にチャイコの花のワルツが それぞれアレンジされ使われていました。
本来なら 宝塚オーケストラの生演奏ですが 今は録音になっています。

雪と月と花と


 この公演はまた 2020年の春に入団した106期制のお披露目公演で初々しい
新研一生の口上も聞けました。
本来なら4月にこの公演は開催されるはずでしたがコロナで延期、
やっと今 再開され 初舞台生は夢を持ってこれから羽ばたける舞台に立つことが出来、
客席で見ている方もその姿に 「よかった、千秋楽までどうか無事に!」 と
気持ちを込めて拍手してきました、未来に向かうっていいなぁ~。 
     まるで親心~  (笑)

初舞台
   
お芝居は シェークスピア「十二夜」の題材のミュージカル。
コミカルでたくさん笑いました。
舞台上の感染を考慮して その為の演出や人数制限があったのかどうか・・・
色々ご苦労があった様子ですが
何の違和感もなく 素直に楽しめました。

ピガール狂騒曲

フィナーレも豪華、数か月ぶりの新鮮な気分も手伝って
これでなくっちゃのキラキラ~に 満たされました。

ピガール狂騒曲1

         zukaline_20201004162255460.gif
      
大劇場の横に新しく移転した宝塚ホテルでお茶してきました。
GO TO トラベルで お安くお泊り出来るようです。
 宝ホ 2

宝ホ 1

このティールーム アフタヌーン・ティが人気のようですが スィーツが多そうなので
私は 栗が一つ丸々入ったマロンのケーキとアッサムミルクティにしました。
白い食器がクラシックな感じでした。
友人は パフェ~♪

宝ホ 3



10/04|音楽・観劇コメント(6)TOP↑
        またまた放置Blogになっています

先週は この時期だけど大阪から神奈川へ移動していました。(汗)
滞在4日間は 続く梅雨空でしたが余り傘も使わずまずまずのお天気。
月曜朝の小田原に止まる「ひかり」です、
しばらくぶりの新幹線は朝8時台でしたがやはりすいていました。。。。

    新幹線

母が亡くなるまではとかずっと、ずっと考えて、
思い入れや過ごした日々、過去を振り返っては長い年月決断出来ずでしたが
税金や維持費がかかりやはり家は処分することに。

まだまだ 母のものなどがあり今回は妹と帰って来ました。

私はこちらに持ってこれなかった楽器を処分。
何年か前にも楽器はあきらめていたので業者に連絡していましたが
決心がぐらつき!前日位にキャンセルした経験がありました。
愛着あり過ぎて諦められなくて・・・・・

それでも昨年暮れにこちらでサイレントにもなる(ヘッドフォン)小さいアップライトを
入れ決断出来ました(全く比べものにはなりませんが)

YAMAHAのC3Bと言うグランドなんですが 音色が大好き、~~~
練習に苦労した日々、子供から大人までのレッスンに明け暮れた年月、
           使い切りました!

グランドって350キロくらいありますが二人で ものの1時間ほどで運ばれて行きました。
クレーンで車に積む時にザっと雨・・・・私の😢 デシタ。

      C3B.jpg

EL90と言うエレク-ンもありましたが こちらは粗大ごみ扱い・・・
電子系のものは時代とともに廃棄処分なんです、
今時 フロッピーなんて無くなっていますもの。
あれば弾くかも知れなかったのですが 今更・・・・腰に来ます!(笑)
でも 本物に近づいた音色で様々な楽器を楽しめる良さは捨てがたかったです。

ピアノがなくなった部屋は広々して・・・・・
     レッスン室

窓を開けると今年もまたみかんがたくさん生っています。

     みかん2020


07/13|音楽・観劇コメント(6)TOP↑
いつもは録画撮りしたものを見ることが多いTV、今年はリアルタイムで
よく見ていた。。。。
お正月って特別番組が多いしね。

その中で地上波初の映画ノーカット版 「マスカレードホテル」が 
キムタク 長澤まさみのコンビの主演で結構面白かった。

東野圭吾の本は好きで文庫本が書店に並んだ時に買って既読。
サスペンスって筋を追うから すぐ読めちゃって気楽なところが読みやすい。

ホテルに来る客はそれぞれの見えない仮面を付けて現れるという設定が
「マスカレード」を意味し その仮面の下には 人それぞれの
人生だったりしていて その複雑さの中に どんな事情? 誰が犯人?って
犯罪を織り込んだミステリーは面白かった。

そしてそれがこの度 宝塚版で上演、 チケットが当たっていたので早々の6日
の公演を友人と初観劇、新年会気分で梅田ドラマシティへ行って来た。
花組生28名での舞台。
大きな劇場での豪華で華麗なキラキラな舞台もいいけど 小さめの舞台で
一人ひとりの活躍ぶりがよくわかる舞台も見逃せない!

マスカレードホテルキャプチャ


不可解な連続殺人事件が起きて次の的は 都内のホテルが犯行現場との推測、
警視庁の刑事が そのホテルにホテルマンとして侵入して解決して行くという
芝居内容は原作に忠実、
複雑なんだけど無駄なくまとめてあって良く出来た作品だった。
瀬戸かずやかキムタクか・・・・ 主演はかっこよかった!

瀬戸さん、アキラさんはピッタリな役に 出ずっぱりで半端ないセリフ量、
さすが もう学年的に上級生、安心してみていられる。

そして ホテルウーマンでフロント係として
活躍する山岸尚美役の先ごろ雪組から花に戻ってきた
朝月希和ちゃん 冷静なホテルウーマンの立ち姿が きれいであきらさんとの
コンビネーションが バッチリ。

脇でホテルの総支配人役の専科の汝鳥伶、過去にアキラさん役新田刑事に
プライドを傷つけられそれがトラウマになって人生を失敗している役の
高翔みずきのベテランさんの見せ場もあり 芝居の中の別話も分かりやすかった。

犯人の盲目を装った婦人 片桐瑤子と劇団員長倉真貴(片桐瑤子)2役の 
音 くり寿ちゃん、とてもインパクトあって好演!
歌も上手な100期生、これから楽しみ。

宝塚の舞台は 芝居の中に ダンスも歌もあって
最後お決まりのにフィナーレもあってあっという間の2時間半。

そんなこんな 今年もチケットが入手出来たら 舞台から元気をもらいに
106周年めの宝塚歌劇にゆる~いファンで行けたらいいなって思っている。

  



01/08|音楽・観劇コメント(2)TOP↑
プロフィール

yokko

Author:yokko
季節を巡る日々の出来事を
「覚え書き風」に 
気ままに更新しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク