Cちゃんとは京都の小学校での仲良しで、卒業して私が東京へ行ってからは
学生時代に、また お互い結婚後ほんの数回 会ったりしただけで 普段は
賀状などの行き来があるだけ。
最近になって私が大阪に来た事を知って一度電話をくれていたが
そのうちにとか 近くてだからいつでも ってことなのに中々チャンスもなく、 
2年程がすーっと経ってしまった。


それがほんの数日前、
LINEにCちゃんの名前が・・・・・・、たぶん 私の知っているCちゃんに間違いないと
思いながら一日迷って「私の幼ななじみのCちゃん?」って問い合わせてみた。

やはり Cちゃんだった、
何回かやり取りして、まずは一回会いましょう~と言う事になり
母のデイケアの日に、その日を逃すとお互いに都合がつかないので、
彼女はバレエのレッスンの後にもかかわらず京都から大阪まで出てき来てくれて
約20年ぶり位の再会になった。

昼下がりを駅ビルのカフェで久しぶりに話した。
彼女はFacebookで溺愛?のお孫ちゃんとの微笑ましい写真などを
UPしたり お嬢さんと一緒にずっとクラシックバレエをしている様なひと。

お互いすんごい歳をとっていて見かけは40代に一度会った時とは
まったく違う様相なんだけど。笑 

あれこれ近況なども話して、いつも会っている様な感覚にすっとなれ
あっという間に3時間程経ってしまった。
こんなきっかけでまたCちゃんとはこれからも会えそう。

お互い環境も違い共通項も余りないけれどやはり小さい頃からの
友達って全て分っている様な感覚がよくてほっこり出来た。

「和カフェ」へ行ってみた。 ハーブと日本茶をブレンドした「べっぴん茶」など
モダンなメニューに迷ったが、私はあずき堂島ロールでアイスコーヒー、
Cちゃんは スイートポテト風お菓子とホットコーヒーにする。

 和カフェ

お茶した駅ビルから外へ出ると「時空の広場」があり フラワーアートミュージアムと言う
この週末から開催のイベントの最終準備が行われていた。
色とりどりの花がたくさん!!
    flowerartmuseum2JPG.jpg

 時節柄ハロウイン広場もあった。
    flowerartmuseum1JPG.jpg

    linepinkhouse_20171002052840366.gif

       うちではベランダのプランター育ちのニラに 花が咲いている
         
    ニラの花
        
  
10/02|外出・旅コメント(10)TOP↑
朝晩 涼しくなり夏物の洗濯や 衣類の整理・・・・、キルトの宿題もあり
またまた 数日がすぐ過ぎてしまった。 北海道の続きを やっと・・・・・・(。-_-。)
  A08-e020.jpg

北海道3日めは大雪山国立公園に位置する層雲峡 銀河の滝、流星の滝を見に行く、
流星の滝は力強く、銀河の滝は白糸の様と 表現されている。
山間の木立の間から過ぎゆく夏の日ざしがたっぷり、暑いくらいだったが
自然の空気が気持ち良い。

   滝
   滝 1
少し川沿いを歩いていると青紫の花がチラホラ えぞトリカブト~   
確か根に青酸カリ程の非常に強い毒性があり 解毒剤がないはず、
えっ!  こんな、普通に咲いていていいの~!?  
近くでみると薄気味悪さなどなく青に近い紫のきれいな花だった。
   エゾトリカブト3
   エゾトリカブト1
この辺りは石狩川沿いに長く24キロほど 断崖絶壁が続いている。
今の時期は 緑が豊かだが 真冬はどんな景色か、また 滝が
雪解け水としたらすごい量になるかも~とか色々想像しながら眺めてきた。


かなりバスで走って小樽にお昼少し前に着く。
さっそくランチへ、 
日差しも強く人の中をあれこれ歩くのも疲れるので駐車場近くの
「運河食堂」に行ってみた。

北海道と言えば「ラーメン」、  食べて来た!
カウンターにテーブル席が3つ程の普通の小さなラーメン屋さん。

夫は せっかっくだからってたっぷりな海鮮が乗っているもの、
魚介より先に麺から食べる様 アドバイスされていたがなるほど。
妹はあんかけ風、麺に野菜たっぷりが絡まって美味しそう~
私は バターにコーンも魅力的で迷うが、結局は
シナチクに薄めチャーシューゆで卵にペロンとのり、の好みに決定!
美味しかった、。。。。。
     小樽ラーメン

お腹が満たされた後はブラブラ 小樽の街を歩く。
運河沿いや北一ガラス、レトロな街並みの雰囲気があるところ、
カフェなどは軒並みにあり、昔しか知らないのですごく発展したように感じた。
ガラス工房や土産物屋も覗いて見たり、しかしすごい観光客・・・・だった。
あちらの方?!も多くお茶したカフェでは 中国語が飛び交っていた。
ここのお店 何種類かのキティちゃんのコーヒーカップがあり 好みを選んで
それを持ち帰れる様になっていた、「銀の鈴」は東京駅だが(笑)「銀の鐘」と 言うお店。
    小樽

夕方 羊蹄山を望みながらニセコに行く。
羊蹄山は2000メートルくらいの高さだが遠くに見える姿はまさに富士山、
パワーを感じる優しい山。
うまい具合に山の中腹辺りに雲がかかり それなりにいい眺めだった。

ニセコはホテルや別荘がたくさんあって 一帯がインターナショナルに開発されたリゾート、
寒いの苦手でスキーもしないので来ることはないと思うが
白い景色もきっときれいだろうな~。
夏場に1か月位避暑に来ている友人夫妻がいるが ここならゴルフ場もあったり
便利そうで納得!  

     羊蹄山
 
ホテルの部屋からも温泉からも羊蹄山がよく見えた。
こちらでも 温泉に 入り夜はゆっくり。
     羊蹄山ホテルから

翌日は たくさんの木々の間から 支笏湖を眺めながら空港へ。 

10時過ぎに搭乗、お昼前に関空に着き 大きな自然がたっぷりの北海道の
余韻を残して旅が終わった。

2日めに泊まった温根湯温泉の夕飯で飲んだ十勝ワイン、
200ミリの小さい瓶も可愛く飲み易いので帰ってからお取り寄せした。

  十勝ワイン
    
09/23|外出・旅コメント(8)TOP↑
9月初めに北海道へ行った。

1回しか行った事のない北海道はもう20年も前のこと、ルスツリゾートの
1部屋が瀟洒なメゾネットタイプにワイワイと 6人で泊まる「ゴルフプラン」だった。
5月の下旬頃で3回ほどラウンドしてせっかく来た北海道だからと
小樽と積丹半島の半日位の観光、うす~い記憶。

だから 今回が初めてといってもいいくらい~

とても広~い北海道・・・・・ 四国の4倍程、地図もさっぱりわからなくて
手始めは温泉ツアー?に参加

北海道の朝夕は 当然ながらすっかり秋、
残暑厳しい大阪から一気に 空が高く空気が美味しい大地のやすらぎの中へ。

一日目は新千歳からバスで夕方遅く着いた登別温泉のお湯に浸かって和のお夕食を
いただき 久しぶりの日本旅館にお泊り。
未だに 六十肩を引きずっている私、さっそく温泉に身を沈めてほとんど気分は湯治!
血行を促し、関節や筋肉をほぐして・・・・硫黄成分の匂いがいかにも効きそう。


翌日は・・・・・・ 
まず登別温泉の近場の地獄谷に行く。  
周囲の木立のナナカマドの実が赤くなり夏の過ぎ去って行く様子が伺える、
いいお天気で気持ちがいい、
北海道の湿度が無い夏ってってこれだなって実感する。
   地獄谷1
あらわな岩肌が 地獄!?
      地獄谷2
      地獄谷1


次は 地図上は中央辺りになるかな、、富良野へ。
その昔 一人の婦人がポプリの作り方を伝授しそれが広まって事業が成功したと言う
富田ファームに寄る。
ラベンダーはもちろんもうすっかり終わっていたが
他の初夏の花も咲いて「花の公園」のようなところだった。
東京ドーム5ケ分位の広さ 6月、7月の見事なラベンダー畑を
見てみたいと思うがすごい人を思うと 想像だけでいいかと・・・
ラベンダーのソフトクリームを食べたが ほのかな香りがあり
さっぱりして美味しかった。
園内をプラプラ散歩、~~~
          富田ファーム


昔 ラベンダーに魅せられリース作りのそれだけのイベントのために
ここまで来た友人がいたことを思い出したりして。
私はリースでなく匂い袋を作りたくてラベンダーの乾燥させたものを購入した。
たまたま7月北欧へ出かける前のキルト講座で ♡ハート型のサシュを作っていたので
また作るのが楽しみになる。
         ポプリラベンダー


そこから次は美瑛まで行く。
駅前通りの建物には必ず建てられた年が記されていて雪の為か
三角屋根も多くとても可愛い印象だった。
富良野に続いてこの辺り一帯はは TVドラマだったりいろいろ登場して
すっかり有名。
妹は数年前に富良野のカフェでばったり倉本総氏に出会ったとか
私も「北の家族」はDVDを借りてきて 夢中で見た、今 「やすらぎの郷」?
残念ながら見逃していて 後にまたDVD屋で借りて一度に見よう~
と 楽しみにしている(いっつも トレンディには 遅れるな~
さて 
美瑛は十勝山の噴火によって作られた丘陵地帯、
パッチワークロードなど 土地の起伏や形が織りなす畑が見どころ。

「四季彩の丘」に 行ってみた。
8月末のお昼のNHKで丁度 ここからの中継があって「きれい~!」
と 思っていた矢先だったので 実際に見に来てカラフル過ぎる?!
見事なお花畑をトラクターに乗って一周して 辺り一面の景色を満喫。
作られてはいても自然を損なわず思わず「絵になるよね」 って。
     
サルビアに金魚草に・・・・カラフルに仕切ってある花畑の丘陵がずっと続いていた。
   美瑛1

      美瑛花

  
トラクターに乗っている間で濡れずに済んだが 急なスコールの様な
雨が来てびっくり!
西から東に移動する風が雲に影響大雪山系の山で急激に変化するそう、
しかし 回復は早くあっという間に雨はあがり その後は「虹」が見えた。
最初 少しずつ右に出てそして左からも出て・・・・
見ている間に2つが左右から伸びて2つの虹がぴったり手をつなぐかのように
くっついてなだらかな大きな弧を描き ちょっと感動!した。
色もしっかり確認出来たが画像は遠くて鮮明ではないけど とてもきれいだった。

     美瑛3

この日も温泉宿へ、 だいぶ遠くバスで1時間半はかかったと思った、
やはり北海道 何処までも広くで本当に気持ちのいいところ。
北見市にある温根湯温泉には 6時半頃宿に到着、
すっかり辺りは暗くて日暮れは早い。

ここでも 硫黄泉で再び湯治(笑)、・・・・・ ゆっくり浸かった。 

明日は 小樽方面に戻りニセコに泊まる。
09/17|外出・旅コメント(10)TOP↑
母のショートステイは 最近毎月10日程、その間 ゆっくりのんびりしていればいいものを
今月は早々からめいっぱい 出かけたりやりたいことに集中、
忙しくてあっと言う間に 2週間程が過ぎてしまいました。

9月2日土曜日に母を施設へ預け、3日の夕方の飛行機で北海道へ行って来ました。
慌ただしく水曜日の午後には帰宅していましたが。
そのことは また 週末にでも記録することにして~

手がけていたパッチワークのベットカバーのトップがやっと出来ました。
1つが12センチのボータイと言う昔からあるパターンで 140枚で出来ています。

追加 編集
  
月刊アーカイブから 見つけ出して来ました。
   2013年の12月の記事なので 今から4年近く前に ピースワークだけ
   はしてありました。  ↓    一体 何年かかっているのか、
   自慢でもありませんが 根気がいい方のようです、私。。。。

    ピーシング140枚

    


「何?!、この色彩!」とか 全く統一に欠けている印象ですが 
布が全部アンティークのものなんです、要するに古布、ほとんどが外国の
布です、シードザック(種袋)や 婦人服の端切れ等々。
布1枚の大きさが限られたものなので 継ぎ足したり 縫い代3ミリとか・・・・・ 笑
すごく愛おしい布達なんです。

一応 ここまではスムーズでした、
それでも 気が向いた時しかやらない私は何年もかかっています!
     ボータイパターン2

最近になってラティス(周囲)を どうしようかしらって考えていてやっとシンプルなものに決めました。
3センチの額縁のような感じにしてみました。
ラインに使ったお気に入りプリントがここへ来て 生かせました~、 

アイロンをかけてやっと先の見通しがついて 漸くトップが出来ました!
   ボータイパターン1

   ボータイパターン
この先は ボータイ部分は 落としキルト、ラティスには キルトラインを書いて
裏地とキルト芯を重ねてしつけ掛け と まだまだ作業が続くのですが・・・・。

涼しい季節に向って「チクチク」な キルトタイムを楽しめそうです。
09/13|手仕事コメント(8)TOP↑
今日で8月も終わります、早い~相変わらず。

早朝 目が覚めると取りあえずリビングなどへ行って窓を全開にしますが
今朝は開けた途端に 少ーし涼しい空気でした。

洗濯物を干しにベランダへ出ると こんな雲の空でした。
「うろこ雲」「いわし雲」 「さば雲」 と 見分けは分りませんが秋の雲らしい。。。
みんな 魚の名前? だわ
午前中は 久しぶりで「爽やかさ」も 感じました。北方向からの風です。
秋も もうすぐでしょうか~

  秋の雲

「旅行記」で追われるような!画像処理から解放され?再び「まったり」な
スローペースブログに戻りました

今日は 母をデイケアに出し、夫も出かけたので朝からのんびりしています。
先ほど 駅前のパン屋さんに行った時にここの「ケーキ・ドーナツ」が 好きなので
買って来ました。   
このドーナツとアールグレイのアイスティが私の今日のお昼です、おやつかも~
一人は簡単、残り物でもいいし、何でもOKですものね!
楽チン 大好きです。

このドーナツ すご~いお砂糖がいっぱいかかっています、甘いんです
それが 美味しい、
「えぇ~! 糖尿になりそう」って 言われそう、  
考えてみたらお料理にお砂糖を使う事ってほとんどなくて コーヒー、紅茶にも入れないし、  
とかとか言ってちょっと言い訳っぽい  です(笑)

   ドーナツ

これから 9月のテンプレート 作ります、
9月って お花は 萩? コスモス?  PhotoshopElementsを少し使います。
アプリケーションも 使わないとどんどん忘れ、反対に少しでも使っていると
進展はなくても あれこれ楽しめ、時々 ハッと気の付くことも~(期待)


08/31|日常コメント(10)TOP↑
プロフィール

yokko

Author:yokko
季節を巡る日々の出来事を
綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク