朝から青空、すごくいいお天気の外出日和の日でした。     

   法隆寺は奈良市内からちょっと離れたところ 広大な敷地にあります。    
   18万7000平方メートル、東京ドーム14個分!     
   「斑鳩」・・・・この地名、いかにも大和・飛鳥時代を偲ばれる様な気がします。    

   7世紀に創建 別名「斑鳩寺」(いかるがのてら)とも言われていて   
   五重塔や夢殿で どなたにも知られています。  
   私も中学の修学旅行で来たここの「夢殿」は 遠い記憶にありました。。。。。    


   市内より離れているせいか、また さくらのタイミングには早かったので    
   観光客は少なめ とても静か   法隆寺の玄関にあたる南大門から入り  
   ゆっくり境内を歩き見学しました。     

   今 たくさんある世界遺産ですが 法隆寺は日本最初の世界文化遺産だそうです。   

   夢殿は聖徳太子を供養するための殿堂です。  
   境内には 咲いたらさぞかし風情がありそうな「紅しだれ桜」が 
   いくつかありました。
     
   広大さが伝わるような気ままな9枚をフラッシュ画像にしました。





  法隆寺からバスで奈良市内に入り 市庁舎の展望台に上がると市内が一望出来ます。   
  春のうららかな中に 若草山、東大寺、興福寺の五重塔、等、見渡せました。   

   せっかくのサクラの季節、早咲きのさくら満開の氷室神社へも行きました。  
   ここだけではなく市内は 観光客でいっぱいです! 
  やはり 外人客も多くて・・・・、おりから日本 イコールさくらでしょうか、   
  奈良がこの状態なら京都辺りはもっと人が多そう~とかつい思ってしまいました。    



  吉野葛の「くずきり」等でゆっくりお茶をして 夕暮れ時の東大寺の二月堂へ行きました。   

  古都に春を告げる「お水とり」が行われるところです。      
  大仏殿の東方面の坂を上り行く二月堂、日没の風景の観光スポットです。  
  山に沈む夕日をしっかり見て来ました・・・・。    

  堂には たくさんランプがありうす暗くなる前にライトが灯り、とても情緒がありました。
  
  薄暮の二月堂の画像です。
      



             
04/15|外出・旅コメント(10)TOP↑
   せっかく満開になったさくらに先週末は雨 ずっとぱっとしないお天気が
   続いてしまっています。
   4月からの新年度には「青空のさくら」がぴったりなのにとっても残念。

   FC2の「管理画面」を開けたらスムーズに行かなくて
   余計なことまでしてすったもんだしてしまいました。
   時々 メルアドやパスワードを入れないとダメなのは 私だけ?かしら~とか未だに
   理解できない事がしばしば。今回IDアドレスは初期のままだけど
   パスワードは変えてしまいました!
   そんなわけで、気がそがれたのですが・・・・


   何とかお天気のもった先週木曜の大好きな「宝塚の花のみち」です。
   7分咲き位でした・・・・・、
   歩く道の頭上に薄いピンクのさくらがやはりビューティフル~
   普通「桜の下を歩く」って表現かしら、私は 上を見上げて歩く(笑、)歩きました!

   この日 またもやSDカード抜いたままのカメラ持参スマホ画像です。

      花のみち

   かなり曇っていました。
   ローカルでこんなのどかな感じなところに年間すごい集客数の
   100年以上続いている歌劇団があってちょっと遠くて
   不便さもありますがやはり好きな街の一つです。        

      花のみち桜

   サクラピンクばかりではなく 途中こんなきれいなピンクも、これは椿?・・もありました。

       椿 ピンク

   そして 花壇にこんなパンジーやスミレもたくさんきれいに咲いていました。
   文字が小さいですが  故・春日野八千代邸からの物の様でした。

       )パンジー(春日野

          パンジー

  この日は 友人と11時に待ち合わせ、ところが何と友人も私も宝塚の開演時間を
  1時と 思い込んで・・・・・、実は15時開演だったんです!(汗)
  お互いに急ぐ用事もなく長い時間 ゆっくり出来ましたが反省です。
  
  忘れた頃の「思い込み」、年のせいにはしたくないですが あるんですよね

               b200_20170411150416f10.gif
  
   
  公演は 星組新しいトップお披露目で「スカレット・ピンパーネル」です。
  やはりお芝居が面白い、音楽がいい、たくさんの生徒が生かされている、
  全てが整った舞台でした。

  民衆の群舞、合唱、幕開きから一気にミュージカルの
  世界に引き込まれます、期待と軽い興奮、この感覚が何とも言えず好きです。
 
  とても好評の様子、これからの星組がどんな色に染まりながら進んでいくのか
  楽しみになりました。

  新しいトップ 紅ゆずる、ベニは細面でスラリとした人、今回のパーシー役は
  そのユーモアな役柄がぴったり、2幕からは凄く笑いました。
  結構綿密なお芝居にさすがです、歌もダンスも一生懸命さが伝わりました。
  その位置を心待ちにしていたファンは 感慨無量だったことと思いました、
  客席 とても暖かく熱かったです。
   
  この作品は3度目の再演です。
  私個人的には 比較はしませんがやはり初演時の印象が強く残っています!

  また 作曲家ワイルド・ホーン氏の音楽が とてもよくて、主題歌「ひとかけらの勇気」、
  「君はどこに」 「マダム・ギロチン」 等、素晴らしい。
  色々聞きたくなってすぐYou Tubuって便利な所へ行っています(笑)

  
      スカピン

  1998年のトニー賞で作品賞、脚本賞、主演男優賞にノミネートされた冒険活劇。革命の嵐が吹き荒れるフランスを舞台に、革命政府に捕えられた貴族を救い出すイギリスの秘密結社「スカーレット・ピンパーネル」、その首領パーシーと、フランス政府特命全権大使ショーヴランとの駆け引きを、パーシーの妻マルグリットを交えた三人の愛憎を絡ませながら描いた作品。宝塚歌劇では、2008年、小池修一郎潤色・演出により星組で初演し、2010年には月組が再演。スカーレット・ピンパーネルの仲間たちが正義のためなら炎に飛び込むことも厭わない決意を歌う《炎の中へ/Into the Fire》などの他、《ひとかけらの勇気》がワイルドホーン氏により宝塚歌劇版のために書き加えられた。

ミュージカル

『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』

THE SCARLET PIMPERNEL
Book and Lyrics by Nan Knighton  Music by Frank Wildhorn
Based on the Novel “The Scarlet Pimpernel” by Baroness Orczy
Original Broadway Production Produced by
Radio City Entertainment and Ted Forstmann
With Pierre Cossette, Bill Haber, Hallmark Entertainment and
Kathleen Raitt
潤色・演出/小池 修一郎

1997年にブロードウェイで初演後、大ヒットを記録したミュージカル「THE SCARLET PIMPERNEL」。宝塚バージョンのオリジナルを加え日本初上演した2008年の星組公演は、フランク・ワイルドホーンの名曲の数々と共に、冒険活劇としての面白さ、すれ違う夫婦の心理描写をドラマティックに描いて絶賛を博し、第16回読売演劇大賞優秀作品賞、第34回菊田一夫演劇大賞を受賞致しました。続く2010年の月組による公演も大好評を収め、その後も再演の呼び声の高い傑作ミュージカルが、7年振りに宝塚歌劇の舞台に甦ります。新トップコンビ紅ゆずると綺咲愛里を中心とした新生星組が刻む『THE SCARLET PIMPERNEL』

   (宝塚HPよりお借りしました) 
04/11|外出・旅コメント(8)TOP↑
やっとソメイヨシノが今年もきれいです。
マンションを出て駅へいく階段のそばのうちから一番近いさくらです。
お買いものへ行く時に携帯で撮りました。
毎年 変わり映えなく同じような写真のUPですが 一斉に咲き出したピンクは
華やかな優しさで今年も気持ちがなごみます。

    2017sakura.jpg

        je_line_sin06_201704051708291d6.gif

今日のお献立
 小鯵のやさいたっぷり「南蛮漬け」を 作りました。

     鯵の南蛮漬け

     柿の葉寿司


 柿の葉寿司は 一昨日奈良へ出かけたのでおみやげに買って来ました。
 酢のものが 2品なんて・・・・・組み合わせとしては??

 備忘録なBLOGですから~拘ることなく  笑
 後 もやしとにらを炒めます、気温が高くなったので今日はビールが美味しそうです

      je_line_sin06_201704051708291d6.gif


 夕刊に毎日 桜だよりが載ります。
 明日は5分咲の桜を愛でながら 大劇場に行って来ます。

   桜だより

 奈良へ行って久々一日目に2万歩、次の日1万5千歩程・・・・
 本日 足が少々筋肉痛になっています!
 でも 外を歩くって酸素が体の隅々まで行きわたる様で気分は爽快です。

04/05|日常コメント(8)TOP↑
だいぶ春めいてきてはいるもののまだまだ肌寒い日も多く・・・・・
桜も今年はボチボチですね!

この前 ちょっと春味先取り、行きつけのお店に行って来ました。

たけのこや蕗の煮物、 ホタルイカの酢味噌和え、 大きめのあさり酒蒸しなど、
家庭ではなかなかこういう美味しさは出ないとか 主婦仕事の解放も味わった
外食でした。

        小料理屋

     A07-e019.gif

一方 一昨日のお夕食は・・・・ 
低めな気温に温まるお豆腐を使った軟らかい肉団子のお鍋をしました。

      肉だんごのお鍋


     A07-e019.gif

2月に友人にいただいた金柑ですが 金柑酒?にしようと思い長い間
冷蔵庫に保存結局 煮ました。
金柑の種類らしくとても小粒、種はとても取りきれずそのまま・・・ですが
全然大丈夫、とても美味しく出来ました!

            金柑煮

04/02|コメント(6)TOP↑
ここ数週間 今度は左腕の方が五十肩になりました
6年程前の右腕の時はかなり悲惨?でしたが 今回の左は
それほどでなく・・・・・、しかし 腕を後ろへ回すと痛いしなんかユーウツで
気分も晴れず~ 

年をとると関節が 油切れ!!? 
普通 足とかから弱りそうですが私は腕関節から?(笑)こんなの聞いた事ありませんがね。

     A07-e021.gif

1月から始まった文化講座のキルト 今月で終了しました。
継続のお誘いがあってまた次回の5回にも参加します。

やはりやり出すと楽しくて。
腕はチクチクのせいじゃないかって妹に言われたりしていますが 
使う筋肉も違うし肩こりはないし・・・・関連してないと確信しています。

バックの後は はさみ縫いのポーチ、ステンドグラスキルトと続きました。
はさみ縫いは こんなポーチ(18×13.5)が出来ました。
お教室でいただいたキットはブレードの付いている黄色の方です。
リボン部分は本来は「ボウタイ」と言うパターンなんですが
これは「はさみ縫い」になっていてリボンの結び目が 立体的に仕上がります。

  はさみ縫い
縫い代もきちんとサイズ通り、縫う順番も複雑に思えましたが。
とても可愛らしく仕上がりました(自画自賛
        はさみ縫いポーチ2

お教室では スクラップのような布を1袋100円で分けて下さり白っぽい方のポーチは
さっそくそれを使って作りました。
手持ちがたくさんあるのに布を見るとついつい欲しくなる私です
 
      スクラップ布
最終回は ステンドグラスキルトでした。 
ちょっと ハードル高くただ今 制作中です!

         
03/27|日常コメント(8)TOP↑
プロフィール

yokko

Author:yokko
季節を巡る日々の出来事を
綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク